日本の影響力のある仏教団体を率いた池田大作が95歳で亡くなりました。

Estimated read time 1 min read

日本与党の影響力ある政治的パートナーを誕生させた日本仏教運動の世界的な団体である創価学会インターナショナル(Soka Gakkai International)の池田大作会長が11月15日、東京自宅で死亡した。 彼は95歳でした。

創価学会は声明を通して彼の死を確認した。

池田氏(ee-KEH-daと発音)は1930年に設立され、日本最大の宗教団体である仏教協会の3番目の指導者でした。 彼は死の時に名誉会長でした。

1960年から20年間、池田氏はグループの魅力を拡大した功労を認められました。 現在、日本の800万世帯以上、全世界の会員数280万人を含め、192カ国にフォロワーがあるそうです。

彼の最大の遺産は、1964年に創価学会を政党である共鳴党(Clean Government)を創設し、議会政治に導いたということです。 創価学会が語るこの政党は現在宗教団体から独立しており、日本の連合パートナーでした。 1999年から自民党を執権しています。 創価学会の会員を活用できる選挙ボランティアの基盤をもとに、Komeitoは定期的に有権者ブロックを伝達し、その後4年を除いてすべて日本を統治してきた自由民主党の地位を強化するのに役立ちます。 1955.

この政党は部分的に社会の脆弱階層を代表するだけでなく、日本の戦後平和主義的立場を維持するために創設されました。 もう一つの側面で、池田氏は、党が日本に中華人民共和国を認めるよう圧力をかけることを要請した。 両国は1972年に国交を正常化した。 2年後、池田氏は周宇ライががん治療を受けていた北京のある病院で当時、人民共和国首相の周安ライに会った。

池田さんは自分を「反権力者」と呼び、核兵器廃止を促しました。 「私たちが対抗すべき本当の少ない核兵器を正当化する考え方だ」 書いた 2009年の平和の提供で。 「他人が脅威のように見えたり、私たちの目標実現に邪魔になると思われるとき、他人を全滅させようとする準備ができています。」

池田さんは時々独裁的な傾向を持つサイビー指導者という非難を受けて分裂を起こす人物でした。 かつて彼は創価学会と彼のリーダーシップを批判する本を検閲しようとしたことについて公に謝罪した。 彼はまた、性的、財政的虐待の疑いで繰り返し起訴されたが、いずれも証明されておらず、1957年の選挙法違反の疑いで無罪判決を受けた。

彼のカリスマは、ジャズミュージシャンのHerbie Hancockや俳優のオーランド・ブルームのような有名人だけでなく、海外の人々を含むフォロワーを引き付けるのに役立ちました。 1972年、池田先生が創価学会の霊的教義を導いた日蓮宗宗の新しい本堂奉献式を主宰した時、上院議員エドワードM.ケネディ、受賞ピエール・エリオット・トリュードなど政治指導者たちが祝いメッセージを送りました。 カナダの知事とカリフォルニア州知事 Ronald Reagan、アラバマ州知事 George C. Wallace。

池田氏は創価学会の原則により、5カ国の幼稚園、日本の小学校~大学院、カリフォルニア州アリソビエホの人文大学など学校と大学を設立しました。

スピーチ 1996年、コロンビア大学師範大学で彼は教育が世界の平和に貢献できると信じていたと述べた。

「教育の基本的な使命は、知識が人類の幸福と平和を促進するのに役立つことです」と彼は言いました。 「それは永遠に広がる人道主義的探求を推進する力でなければなりません。」

池田大作は、1928年1月2日、東京で海操業に携わっていたねのきちと池田一(五宮)の5人目の息子として生まれました。 幼い頃、彼は慢性結核と診断された。

彼の兄4人はすべて第二次世界大戦当時日本軍に徴集され、兄はビルマ(現ミャンマー)で戦死した。 母の悲しみを目撃したのが「平和のための私の活動の出発点」だったと池田氏は2006年にエッセイで書いた。

彼は哲学の読書会で、戦後の指導者である東田ジョセイに会ったとき、創価学会に惹かれました。 1948年東洋高校の夜間学部を卒業し、大成学院大学(現東京富士大学)に入学し、戸田先生が率いる出版社で勤務しながら政治学を専攻した。 池田さんはフルタイムで働くために1950年に大学を中退し、戸田さんは彼を個人的に指導しました。

1952年、池田さんは別のフォロワーである森金子(Kaneko Mori)と結婚し、3人の息子を置きました。 第二の息子である白久は1984年に亡くなりました。 池田さんの遺族としては、妻と息子の広正と高広があります。

池田さんは32歳で創価学会の指導者になりました。 彼は従業員を募集するために日本以外の地域を広く旅行し、世界の指導者に会って得た広報を楽しんだ。 1975年、彼は創価学会インターナショナル(Soka Gakkai International)の創立会長に任命され、死後もこの役職を維持しました。

彼はエッセイ、詩集、児童文学、創価学会の歴史に関する多冊小説を含む250冊以上の出版物を執筆または共同執筆しました。

創価学会は1950年代に政治的渓谷に足を浸したが、1964年に彼が共鳴党を創設し、日本国会議員候補を支持し始め、グループの影響力を強固にした人は池田氏でした。 彼は党が宗教団体から分離されていると主張しましたが、多くの日本人はこの二人が互いに絡み合っていて党を池田氏の個人的な道具として見て懐疑的でした。

1970年、大学教授の藤樂式は、創価学会が「狂信者たち」で構成されており、池田先生が「独裁」を維持していると言いながら、創価学会の内部活動を衝撃的に暴露した文を書いた。

本の出版を妨げようとする団体の試みは、公衆の抗議を呼び起こした。 池田氏は「これから同じミスを繰り返さない」と誓って謝罪した。

1999年、小渕慶應総理が新しい連合内閣を構成し、自民党と小明堂を正式に連合させた時、世論調査では広範な反対が現れた。 1995年、東京地下鉄で別の名無しの宗派が神経ガス攻撃を加えて衝撃を受けた多くの日本人は、創価学会もサイビ宗教だと懸念した。

そのころ、池田さんは名誉会場の席から退き、ゴメイトは自民党が権力を維持しようとする上で重要なパートナーとなりました。

過去10年間、池田氏は目立たなかったが、引き続き文を書いて、創価学会本部を通って自分の車でフォロワーたちを迎えることが分かりました。

1983年以来、彼は国連に年次平和提案書を作成してきました。 そして彼は最後まで核兵器の廃棄に専念した。

創価学会インターナショナル(Soka Gakkai International)は「すべての人が真の安全の中で生きる権利を享受することができる平和文化創造のために、特に青少年に焦点を合わせた市民社会の連帯を強化しながら進み続けていく」と書いた。

ひだひかり 報告に貢献しました。

READ  同盟国、インド太平洋地域で日米努力の中心に近代化 > 米国防総省 > 国防省ニュース
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours