スポーツ

日本の後半戦ペナルティキック2回、ガーナ、FIFA U20女子ワールドカップ退場危機▷SportsBrief.com

日本がガーナを破って10分で2ゴールを決めた浜野マイカがFIFA U20女子ワールドカップの次の舞台に飛躍した。

大変な前半戦を終えて帰ってきたディフェンディングチャンピオンは、勝点3点をすべて占めることに固く決心しました。

時間の表示直後、アジア人は浜野舞香が上手に処刑したペナルティキックを得た。

ガーナのブラックプリンセスはFIFA U20女子ワールドカップでもう一度敗北した。 クレジット:@FIFAWWC
出典:Twitter

10分後、Black Princessesはボックスに4つの他の4つを犯し、Hamanoはペナルティキックのために自分自身を選択しました。 彼女は日本のリードを倍増するのに間違いを犯さなかった。

ガーナは前半に、ストライカー・アブドゥライ・ムカラマの努力の終わりにクロスバーを眺めながらゴールを決めた。 しかし9回のチャンスを生み出したのは日本だった。

興味深い機能: ニュースを正確に確認してください あなたのため ➡️「おすすめ」ブロックを見つけてお楽しみください!

また読む

日本スター久保、レアルソシエダードデビュー戦優勝

黒い王女は日本軍を窮地に追いやるのに断固としていました。

しかし後半戦には、田端春菜と浜野を牽制するために苦軍奮闘するアフリカ人たちに大変なことが起きた。

ガーナは今夜、アメリカとの試合でオランダと対戦し、オランダの勝利でブラックプリンセスがチャンピオンシップで最後の日に勝つことができます。 どのチームが次の段階で日本に参加するかが決まります。

ソース: SportsBrief.com

READ  日本の崇拝者、安全を祈願するために乗る石炭勇敢

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close