経済

日本の態度の変化、M&A市場の力学の変化| Allen&Overy LLP

変化する態度と経済の優先順位に支えられ、日本はまだ強力なアウトバウンド投資家であり、インバウンド取引の人気のある目的地になっています。

他の多くの国と同様に、Covid-19感染症が発生したとき、ほぼ停止、日本の取引市場は、アウトバウンドとインバウンド投資が集まる速度で今年強く回復しました。

しかし、その回復は、この市場の原動力を重要な方法で変化させた姿勢と経済の優先順位の多くの重要な変化を隠蔽します。

アウトバウンド投資 – フォーカスを移動

日本企業がアウトバウンド取引を完了しようとする動機はまだよく知られています。

  • 企業は、国内市場の縮小に制約を受けて成長のために海外に目を向ける必要があります。
  • そうすることによって、彼らは収入より上位にはるかに集中的に焦点を当てており、急速に成長し、経済で最も早く見つけることができることを知っています。

多くの現金保有量、低利率で借金金融に簡単にアクセスすることができるアクセシビリティ、非常に協力的な銀行システムに支えられ、彼らは継続して発信の機会を探しています。

しかし、これらの投資の焦点は、伝統的な製造資産の集中で、よりスムーズな目標に置き換えられました。 今年最大のアウトバウンド取引2件は、すべてのアメリカのソフトウェア開発者を対象としたHitachiとPanasonicの取引でした。

このような方向転換が短期間に持続するかは見られることです。 たとえば、COVID-関連旅行の制限により、製造現場の評価作業がはるかに難しくなっに対し、より伝統的な取引を実行することが難しいからですか?

それは可能です。 しかし、日本が伝統的な製造方法でデジタル経済への移行過程で候補を追いつくために努力しているので、このような傾向は続く可能性があります。

米国は西ヨーロッパと同様に海外取引の約40%を占める、日本の投資の主なアウトバウンド市場に残っています。

しかし、低コストの製造への投資が中国で、ベトナムのような他の国に移動していくアジア市場の焦点も継続強化されています。 日本は中国よりASEAN諸国を好むと思われるが、中間層の拡大と、アジア経済に投資する準備ができています。

気候変動により、日本はエネルギー需要と石炭とLNGのような輸入化石燃料への現在の依存度を再評価しなければならず、これは、国内外で大幅なインフラ投資を促進する可能性がある傾向です。

世論がまだ原子力に反対する中で、福島事故後太陽光、陸上と洋上風力、潜在的に輸入水素を含む再生可能エネルギーのための強力な動きがあります。 モビリティの未来。

インバウンド投資の増加

過去に日本の戦略的投資家は購入する事業で必ず必要な相乗効果を確保するために苦労している場合が多かったです。

しかし、投資家が市場を新たに見つめており、魅力的な投資対象として、日本の活動や魅力についてはるかに大きな洞察を得ている明確な兆候があります。 ファンデミク前に、日本観光が急増し、世界的に大きな注目を受け、これらの見解を強化するだけでした。

次のような他の要因が作用します。

  • 中国と米国の間の貿易の緊張が持続する間、アジアに投資する専門のリソースを持つ投資家は、中国での支出を切り替えており、日本が重要な選択肢として浮上しています。
  • Bain、KKRとCarlyleを含む、より多くの米国の大型PEファンドが日本で重要であり、成功した引数をし取引市場が引き続き強く回復して、より多くの機会を開くものと確信しています。

日本の大企業が継続して貸借対照表を再編して、戦略を修正し、非中核事業を処分することにより、特にそうです。

ここでは、特にHitachiが先頭に立っているが、他のメーカーは、特に電子部門では、引き続き、そのに続いています。 例えばNECは、家電会社からのソフトウェアインフラ事業に変貌しました。

構造調整に向けたこれらの動きは、かつて事業の売却が失敗の信号とされた、日本の商業の伝統を覆すことです。 今重要な資産に集中するようにビジネスを転換する商業論理が市場で広く認識されて活動が開始されています。

日立が2020年に昭和電工の化学事業を80億ドルで売却したのがその例です。 今Showa Denkoは、アルミニウム事業をPEバイヤーに売却することで、独自のポートフォリオを合理化しています。

READ  日本のFuji Electric、電力チップ事業に3億6000万ドルの支援

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close