トップニュース

日本の成功した「無差別禁止」vaxポリシーを採用 – マニラ掲示板

1PACMAN政党のEric Pineda議員は、政府がコロナ19ワクチン接種の肯定的で潜在的な危険な副作用について市民が十分に知ることができるように、日本の「無差別、無差別」ワクチン接種政策を適用することを検討したいと考えています。

エンリコ「エリック」Sピネダ議員

Pinedaは、フィリピン人がCOVID-19に対する予防接種を受けることができるように、ドゥテルテ政権が厳格な措置を実施する中でこの提案を放送しました。

日本はワクチン接種を強制する厳しい措置に頼らなかったが、すでに集団免疫を達成しており、推定人口1億2,600万人のうち70%以上がすでにコロナ19ワクチンを2回接種されています。

日本政府によると、1月13日現在接種されたワクチンの数はほぼ2億200万個に達した。

下院労働委員会委員長は「フィリピンが日本のワクチン政策をよく研究し、施行すれば皆に役立つと思うため、日本のワクチン政策を施行するのが良いだろう」と話した。

「日本の厚生省は、日本で予防接種を受けた人々の心臓炎症の増加率を認めました。 保健省は、いくつかの若い男性に現れる副作用を発見した研究を行った後、若い男性の心臓の筋肉と心臓の外壁の炎症をモダナとファイザーコロナワクチンの可能性のある深刻な副作用としてリストしました。 説明した。

彼は「このため、ワクチンにはこの潜在的な危険な副作用について警告する警告文書が添付されていると主張している」と話した。

Pinedaは、COVID-19ワクチンが個人の健康状態に及ぼす可能性のある潜在的な悪影響のために、日本は予防接種を受けようとする人々がワクチンを接種される前に「情報に基づいた同意」を受けるように要求しました。

また、日本政府は未接種者に対する差別を厳しく禁止しています。

「日本がやっていることはとても素晴らしいです。 より多くの国がこれに従うことを願っています。 Pinedaは、「IATFの決議に含まれている「no jab、no job」ポリシーでワクチン接種を保留することを選んだ私たちの国民に、あまりにも多くの差別を経験したと述べました。

彼は「すべての市民がワクチン接種を受けないことを選択した場合、差別を恐れずに予防接種を受ける前に事前同意を受けたことを確認するための措置を取るべき時」と付け加えた。


Daily Newsletterを購読する

サインアップするにはここをクリック

READ  青色LEDの発明者92歳死亡

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close