スポーツ

日本の戦いの記録波動村で最初のウイルス事例報告 – スポーツニュース、ファーストポスト

主催者によると、この事件は、日本に居住していないオリンピック関連の従業員が含まれていますが詳細については明らかになかった。

橋本セイコー東京2020会場が8月16日の記者懇談会で発言している。 ファンデミク期間中、すべてのファンはパラリンピックに参加することができません。 AP

東京:初めて コロナウイルス 日本が記録的な感染の波と戦っている中で、オリンピック開幕を数日後に控えたパラリンピックビレッジでの事例が発見された主催者側が木曜日発表した。

主催者によると、この事件は、日本に居住していないオリンピック関連の従業員が含まれていますが詳細については明らかになかった。

主催者側は、これまでパラリンピックに関する74件の事例を見ており、ほとんど日本に居住する契約者と大会スタッフの間でした。 トレーニングキャンプを主催する地域で別の6件の事例が報告されました。

火曜日にパラリンピック選手たちに開放された村の選手たちの間では、まだ感染事例が報告されていません。

パラリンピックは8月24日に開始され、約160チームから約4,400人の選手が参加する予定です。

オリンピックが終わって約2週間後に開始され、主催者側は、強力なウイルス対策措置を介してメイン感染の拡散を防ぐことができたと言いました。

今までのオリンピックと関連し、546人の肯定的な事例が報告されており、一部の専門家は、オリンピック開催がウイルスルールに対する政府のメッセージを弱体化させ、国内感染急増に寄与したと主張した。

最近、日本ではこれまで以上に多くの毎日のウイルスの事例を20,000件以上記録しており、政府は9月12日までの13つの地域にウイルス緊急事態を拡大し、拡大した。

この措置は、レストランとバー営業時間を大幅に短縮して酒類の販売を禁止しかし、専門家たちは、継続して事例が増加し、制限の実効性に疑問を提起しました。

READ  車椅子ラグビーはパラリンピックで固定観念を破るます。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close