日本の技術会社、サンノゼオフィスハブの大規模なアップグレードと再編計画

Estimated read time 1 min read

サンノゼ南部の6024 Silver Creek Valley Roadに位置するRenesas Electronics America技術キャンパス。

サン・ジョゼ(San JOSE) — 日本に本社を置く技術会社がサンノゼ南キャンパスを大々的に改編する予定です。 これは、オフィスセンターをシリコンバレーの主要な雇用とビジネスハブに広げるための手段です。

Renesas Electronicsは、サンノゼ市に保管されている6024 Silver Creek Valley Road文書にある主要なオフィスコンプレックスのアップグレードを計画しています。 計画文書によると、改善作業は合計248,900平方フィート規模のオフィスおよび研究施設内で行われます。

名前を明かさないように頼んだ会社の広報担当者は、電子メールのコメントで「ルネサスは過去数年間で数多くの買収を行ってきました」と述べました。 「こうした組織統合の一環として、私たちは Silver Creek サイトに統合しています。」

内部工事は1つの大型構造物である隣接する3つの建物からなる研究団地のための工事が予定されています。 計画文書には、「新しい作業は、新しい研究室、試験場、オフィス、会議室、電話室、母室、休憩室、トイレを建設することです」と記載されています。 「ルネサスは現在建物を占有しており、建設中の地域を除き、建設期間中も建物を占有し続けます」

リモデリングは3~4段階にわたって完了する予定であり、1段階は2024年末、最終段階は1年後に完了する予定である。

かつてRenesasは、Silver Creek Valley Roadキャンパスに124,000平方フィートの新しい建物の建設を検討していました。

READ  「Appleは、環境のためにLightningを放棄し、iPhoneをUSB Type-Cに対応させて下さい」という主張 - GIGAZINE
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours