経済

日本の拷問は、排出目標を達成するために、炭素価格の急速な採用を促す| ロイター| 事業

投稿者:Leika Kihara

日本は2050年までに炭素中和という目標を達成するために、緑の投資の炭素価格および財政インセンティブを導入する必要がある主要な政府パネルの民間部門委員が水曜日発表した。

昨年12月に菅義偉首相は、2050年までに日本を炭素中立化するという約束を守るための努力の一環として、2021年の炭素価格の計画を策定することを環境と産業省庁に指示しました。

しかし、炭素価格を好む環境省と日本メーカーのコストの増加を警戒する産業省との間の違いにより進展が遅く進みました。

「日本は、政府の成長戦略に貢献することで、炭素価格を使用する必要がある」と民間の会員たちは、水曜日に行われた政府の最高経済協議会の共同提案で、政府が早期決定を下すことを促した。

政府はまた、グリーン技術を促進するためのインセンティブを提供する必要があると民間のメンバーは語った。 その提案は、今後の政策決定の基礎を築いた。

日本の飲料大手のサントリーホールディングスのCEOである武君稲見議員は「日本は他のアジア諸国と緊密に協力しながら戦略的に対応しなければならない」と述べた。

シュガーは、日本がエネルギー効率を高め、緑の投資を促進することにより、2030年までに850万人の雇用と年間90兆円(8500億ドル)の富を生成することができると委員会に語った。

2050年までにカーボンニュートラルのシュガーの誓いは、日本を欧州連合と一致させる。 しかし、ジョー・バイデン新米国大統領が気候変動に対処するための努力を強化により、東京はもっと早く動くという圧力を受けています。

($ 1 = 105.8400円)

(寄稿:Leika Kihara追加レポート:Yoshifumi Takemoto編集:Mark Potter)

READ  TBS「はるかラック! 「餃子の店行く騒動特集立川意味落書きさん」博之さんも堀江さんも二人とも同じ面倒な人だが......」| ガジェット通信GetNews

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close