理科

日本の指導者、致命的な地滑り被害救出推進

日曜日に1,000人以上の兵士、消防士や警察が東京の南西の日本のリゾートタウンを引き裂くた巨大な地滑りをかき分けて行き、少なくとも二人が死亡し、20人余りが家や車をさらっながら欠けていた。 菅義偉首相は記者団に、19人が救助され、熱海で130軒の家やその他の建物が損傷したと言いました。 二人死んだが、より多くの人々が行方不明になるか心配恐れた彼は非常閣議後演説した。 先に災害管理は、約20個の説明されていなかったと言いましたが、その数が増加すると警告した。 静岡県の管理は、3人が負傷したと述べた。 シュガーは住民に、より多くの地滑りを警戒するように警告し、「この地域にはまだ大雨が降っているがつらい構造の努力は続くでしょう。 「安全のために、できるだけ早く行動してください。 ” 沿岸警備隊3隻の支援を受ける袋、消防、その他の救助隊員は熱海の距離で泥を片付け閉じ込めたり追い出されたと思われる人に到達するために努力していました。 救助隊員は、ヘルメットを除いては、降雨や濃い霧の中ではほとんど見られませんでした。 調査を支援するために、6台の軍用ドローンが飛んだ。 川崎克平太静岡知事は日曜日の記者会見で、被災地の上流の土地開発が災害の原因になったと言いました。 予備ドローン調査を引用して川崎克は、この地域にたまった膨大な量の土壌がすべて洗い流されたが、開発が直接的な原因であることはすぐに知られていなかったと述べた。

Kawakatsuは、土地開発を調査すると述べた。 マスコミの報道は、オペレータが財政問題を経験した後、計画された住宅の開発が中止されたと伝えた。 土曜日秒地滑りは、数日前に開始された豪雨で斜面を崩した。 ひどい音が聞こえる傍観者が携帯電話のビデオで現場を捉えました。

目撃者は、巨大な轟音を聞いて家が泥波に飲み込まれることを無力に守って見ました。 他の多くの人々と同じように津波のような泥の急流が近づいたところから徒歩圏内に住んでいる通訳者である真理子服部も最初は何が起こったのか分からなかった。 「最初に目につくのは、多くの緊急車両でした。 最初は何が起こったのか知らなかった。 “その時の映像を見て怖がっていた。 ”地滑りが近づいた熱海地域のイズ山東京から南西に約100km(60マイル)離れた海辺のリゾート地です。 温泉、神社、商店街として有名です。 避難所で小松由佳(47歳)は、近くのアパートの建物が打撃を受けたことを報告してようやく地滑りからの脱出したと朝日新聞に伝えた。 彼女は恐怖母を盗ん車に飛び込みました。 バックミラーで彼女は壊れた木や岩を一掃下げながら後ろから泥水が腫れ上がるを見た。 「私たちの家に何が起こったのか知りたいです。」と彼女は言いました。

(このストーリーは、Devdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  南極の下の生命体は、粉砕された岩石の中で生き残るた

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close