スポーツ

日本の指導者の医療アドバイザー、より強力なウイルス対策を促す| スポーツ

東京は昨年末大流行が始まった以来、4回目の一ヶ月間、非常事態を宣言したが、その措置は、ほとんどの人が疲労感を感じながら、ますます無視されている強制することはできない要求です。

近江氏は、政府のデパートや報道機関の食料品店とデリコーナーのサービス時間や顧客の数を制限して、従業員が在宅勤務をするように促しました。 彼はまた、保健当局が検査を増やし、自宅で隔離する人々を支援する地域社会システムを構築するために、より多くの医療機関が支援を受けられるようにしなければならないと言いました。

「そうでなければ、自宅でより悲劇的な事例を見ることになるでしょう。」と彼は言いました。

日本の予防接種キャンペーンは、スロースタートにもかかわらず、良い進歩を見せており、約36%の人々が予防接種を完了しました。 しかしOmiはより伝染性が強いデルタ変種による急増を遅らせるのに十分ではないと言いました。

ジョンズホプキンス大学によると、日本の7日新規感染者数は10万人当たり11.2人で、インド2.8人、アメリカ37人、イギリス41名と比較される。

東京都政府タスクフォースの専門家たちは、木曜日秒な警告をした。

疾病管理予防センター所長である大曲ノリオ(Norio Ohmagari)博士は、「感染が急増しており、制御することができなくなった」と話した。 「国民が自ら命を守ること以外に選択の余地がない災害に近い状況です。」

READ  プレビュー:日本のvs. セルビア - 予測、チームのニュース、ラインナップ -

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close