技術

日本の携帯通信会社「深刻な」システム障害で政府の命令に直面

東京、11月26日、日本政府は先月、システム障害で少なくとも1290万人のユーザーに影響を及ぼし、「深刻な事件」と命名された先月のシステム障害以来、日本最大の携帯通信会社であるNTT Docomo Inc.(NTT Docomo Inc.)( NTTドコモ)に金曜日の行政命令を出しました。 「と放送通信部が伝えた。

10月14日、全国の多くのユーザーは、通信事業者のネットワーク作業による障害のために、音声とデータサービスが利用できなくなったこのイベントの再発防止を命じました。 サービスが完全に回復するのに数時間かかると、神話通信が報じた。

また、キャリアがサービスの再開を発表したときに、一部のユーザーがまだネットワークにアクセスできず混乱していたため、教育省は会社にユーザーに情報を知らせる方法を改善するよう依頼しました。

通信事業法によると、緊急電話を扱う通信会社の場合、3万人以上が1時間以上影響を受ける障害は重大な事故とみなす。

NTTドコモは、タクシーや自動販売機などのサービスに設置された電子決済機器のネットワーク作業中に誤動作で停電が発生したと述べた。

このコミュニケーション大企業は、今月初め、総務省に事故の原因と予防措置を含む事故報告を提出しました。

またこの元幸社長をはじめとする会社役員8人が自発的に給与の一部を返還し、事件に対する責任を負うことになる。

免責事項:この投稿はテキスト編集なしで代理店フィードに自動的に投稿され、編集者のレビューを受けませんでした。

アプリで開く

READ  日本、UAE、水素技術、サプライチェーンコラボレーション| ビジネス| チャイナデイリー-Gooruf.com

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close