トップニュース

日本の改正された支払サービス法に基づくステープルコイン

暗号通貨は価値が支えられず、価格が大きく変動する可能性があるため、暗号通貨の価値を安定させることを目的とする「ステーブルコイン」が最近国際的に注目されている。 今後、日本はもちろん米国でもステープルコインが決済手段として広く活用される可能性がある。

金融サービスのデジタル化に備え、2022年6月3日に改正された決済サービス法が制定されました。

新しい定義「電子決済手段」

ステープルコインは、次の2つのカテゴリのうちの1つと見なされます。

デジタルマネータイプ

暗号資産の種類

法定貨幣価値に連動した価格(例:1コイン=1円)で発行され、発行価格と同じ金額またはそれに相当する金額で返済を約束するステープルコイン。

左側の列にリストされているもの以外のステープルコイン(アルゴリズムで価値を安定化しようとするコイン)。

これは支給業務法上「通貨表示資産」に該当すると見られます。

これは、支払サービス法による「暗号化資産」または金融商品および交換法による「証券」のカテゴリに属する​​ものと見なすことができます。

改正された決済サービス法は、デジタルマネーのようなタイプのステープルコインを含む「電子決済方法」という新しい用語を作成しました。 「電子支払方法」という用語の正確な範囲は、まだ公布されていない内閣条例で定める。

ステープルコイン仲介者のための新規登録システム

電子決済手段を使用する決済サービスを提供するサービス提供者が行う機能は、大きく次のように分類することができる。 (ii)電子決済方法の移転のためのメカニズムの提供。 (iii) 電子決済方法の管理。

デジタルマネーのような形態のステープルコインに関連するサービスは、一般に、上述した3つの機能が異なる主体で提供される形でユーザに提供される。

一般に、発行者は機能(i)を提供する責任があり、仲介者は機能(ii)および(iii)を提供する責任があります。 これに改正された支払決済サービス法では、電子支払方法等を取り扱う仲介者(以下「仲介者」という。)に該当する「電子支払方法等を利用した取引を提供する事業者」という用語を新設した。 上述したように、発行者及び仲介者として、複数の主体が電子決済方法等に関与しているものとする。

改正された支払決済法により仲介業者を規制する新しい登録制度が導入され、登録された者のみが電子支払手段等を利用した取引に関する仲介業務(「仲介業務」)を提供することができます。

ステープルコイン仲介サービス

上記のほか、利用者保護及び資金洗濯防止の観点から改正された支払決済サービス法により仲介業者の活動を規制するために、以下の規定を制定しました。

利用者保護に関する規定等

情報の安全な管理

(第62条の10)

仲介者は情報を安全に管理するために必要な措置を講じなければなりません。

サプライヤーへのガイダンスの提供

(第62条の11)

仲介業者が仲介サービスの一部を第三者にアウトソーシングする場合は、下請業者へのガイダンスを提供するなど、下請けサービスの適切かつ安定した実施を確実にするために必要な措置を講じる必要があります。

利用者保護措置など

(第62条の12)

仲介者は、電子支払手段および手数料など、仲介サービスに関する契約内容に関する情報を利用者に提供するなど、利用者を保護し、サービスが適切かつ安定的に行われるように必要な措置を講じなければなりません。 。

発行者等の契約義務

(第62条の15)

仲介サービスを提供する際、仲介者は、ユーザーに対する責任に関して、発行者等と仲介者間の責任配分に関する条項を含む関連発行者等と契約を締結しなければなりません。 仲介者は、この契約に従って仲介サービスを提供する必要があります。

紛争解決機関等との協約締結義務

(第62条の16)

仲介者は、紛争解決機関と契約を締結するなどの措置を講じる必要があります。

預託された利用者資産の保護のための規定

入出金禁止等

(第62条の13)

仲介者は、仲介サービスに関して利用者から金銭その他の財産を預けることを原則的に禁止します。

ユーザー資産の管理

(第62条の14)

仲介者は、利用者の財産を自分の財産と分離して管理し、定期的に公認会計士または監査法人の管理現況に対して監査を受けなければなりません。

改正された支払決済サービス法は2023年6月から施行される予定だ。 今後、様々なメカニズムに基づくステープルコインが発行されると予想される。 たとえば、三菱UFJ Trust and Banking Corporationは、改正された支払サービス法が発効した後、Progmat Coinという円に関連する独自のステープルコインを発行すると発表した。

「電子決済手段」や「暗号資産」という用語の正確な範囲など、いくつかの不確実性が残っています。 発行者または仲介者が日本にあり、他方が海外にいる場合は、上記の規則の適用および発行者の規定。

ステープルコインに関与または関連する可能性がある企業は、最新の法律動向を把握する必要があります。

READ  日産、英国、日本に電気自動車バッテリー工場設立-Nikkei

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close