スポーツ

日本の放課後サークルで「シャドウメンバー」に足を踏み入れた両親





公開された写真の中の咲子は手にスマートフォンを持っている。 彼女はいつも携帯電話のメッセージに注意を払っており、別れないと言います。





この団体から提供された写真には、名古屋を拠点とする元気スポーツクラブが運営する中学生からなる野球チームが見えます。

TOKYO – 日本の放課後サークル活動で、親は時々子供が属するチームの「影会員」と呼ばれ、ゲームで子供を連れてくれ、参加者にお茶を提供し、応援組織に至るまで絶え間ない活動をします。 彼らの子供たちのチームのために。

九州の高校バレーボールチーム主張の娘である咲子(本名ではない)が、2021年11月にチームの両親会会長に任命されました。 、咲子は彼女の前任者の役割について声を出した。

咲子は毎日新聞とのインタビューで「提案を拒否できるという話を聞いたが、娘がチームで一生懸命働く姿を見たため、その役割を引き受けることになった」と話した。

未婚の親子子は、日中は正規職に勤務し、週に3回早い夜から晩までコンビニで月光を浴びて2つのことをしています。 周りの人々は彼女を心配し、「健康に有害」と言うが、彼女は娘のためにタイトなスケジュールを続ける。

親会長になるまで、咲子は娘の教育費を充てるために週末にコンビニで働くことができた。 しかし、週末には、他の学校と競技をするときにその役割を引き受けた人が応援を導くためにチームの子どもたちを伴うことが慣習だったので、彼女はそれが物理的に大変であることを知りながら、店で平日夜に勤務時間を変更しました。 。

咲子は、チームを監督する教師から競技日を含むクラブのスケジュールを受け取り、ソーシャルメディアを通じてその情報をチームメンバーの両親に伝えます。 他の親と共有する情報は、ゲーム場の駐車スペースまで含めるほど詳細です。

咲子は「想像したよりも難しく、スマートフォンがなければできません」と嘆いた。

学校チームが全国大会に参加することを熱望すれば、親の負担はさらに加重される傾向がある。 かつて日本西部阪神甲子園スタジアムで行われた全国高校選手権大会に参加した東京首都圏のある野球強国で、チームメンバーの両親が病気に入れた飲み物を用意し、チーム同窓会、ブラスバンドメンバーなどの関連会社に配布しました。 。 一般的に、低学年の学生のいくつかの親は仕事を分けて交互に車を持ってゲームの場所に飲み物をもたらします。 一部の保護者は写真家として活動し、練習競技でも学生の姿を捉え、保護者と共有することもある。

ほとんどの親が両親の義務が難しいことを認める傾向がありますが、一部の家族は、親のグループ活動についての噂を聞き、この特定の学校に子供を送ることについて2回考えたことがわかりました。 これは彼らにこの問題を議論し、準備を見直すようにしました。 会談後、参加者各自が飲み物を準備し、写真作家の役割は廃止された。 かつて保護者の会長を務めたある男性は「両親があまりにも多く参加した。試合を見る時間もなく、私たちが何のためにこの仕事をしていたのか気になった」と回想した。

一方、一部社説サークルは親の負担がなく人気を得ている。 小中学生野球チームを運営する名古屋を拠点とする元気スポーツクラブは、中学生一人当たりの初回費で10,000円(約79ドル)を請求し、その後月15,000円(約$120)を請求しますが無料です。 保護者の会。 学生と保護者はチームバスに乗り、スタジアムに向かい、練習セッションはビデオとして録画され、元木スポーツクラブ会長の秋田和也(43)によって配布されます。 日本の低出産により、多くの学校でチームを構成することが困難になっていますが、このクラブは80人を超える中学生を会員としています。

渡辺氏は「家庭が共同で家庭が増えるにつれ、親会で後見人に負担が大きいという話を聞いた。親が子どものスポーツ活動に過度に関わる長い文化を変えたかった」と話した。 」

(日本語オリジナル:村上忠、川村翔平、東京スポーツニュース部)

READ  日本のファンデミクゲームの東京オリンピック空手デビュー

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close