日本の政治スキャンダルによって政策脱退が容易になることがある

Estimated read time 1 min read

日本を揺るがす政治スキャンダルは、大規模な通貨扶養を支持した執権党のかつて強大だった勢力の影響力のあるメンバーたちを掃除してしまうと見られ、日本銀行(BOJ)が数十年間の超低金利から経済を引き出す道を緩和するように見えます。 。 。

岸田文雄首相は水曜日、窮地に追い込まれた自分の政府に対する大衆の支持をさらに落とした資金調達スキャンダルによる余波を防ぐために内閣を改編すると発表しました。

政治的激変は、インフレの上昇と賃金引き上げの拡大の兆候に基づいて、超低金利の脱退を計画しているBOJにとって重要な瞬間に発生します。 ほとんどの市場参加者は、来年日本のマイナス金利が終了すると予想しています。

BOJは金融政策の決定において法的に政府の干渉から独立していますが、歴史的に政治的圧力は決定に大きな影響を与えました。

昨年、選挙運動中に銃撃を受けて死亡した安倍晋三元首相が主導した「西和海」、つまりいわゆる「安倍派」は岸田政権をはじめとする政策決定に莫大な影響力を行使してきた。 。

この勢力は、大規模な財政と通貨の扶養を擁護する多くの人々で構成されています。 その中には与党の実勢であるセコ広重にも大規模な財政支出を繰り返し促し、極めて緩やかな政策を持続するという自身の強い立場を明らかに明らかにしました。

2013年、安倍首相は黒田春彦元BOJ総裁を直接選択し、「アベノミックス」扶養政策の一環として大規模資産買取プログラムを展開しました。 BOJは、借入費用を低く保つために継続的に膨大な量の資産を購入し、2016年にマイナス金利政策と債権利回り管理を追加しました。

「通貨緩和は結局終わるだろう。しかし上田総裁(和雄)は銀行のインフレ2%を達成した後に出口が出ると言った」とセコ総裁の売派発言が円と債権利回りを高めた後9月記者たちに言いました。

国内マスコミによれば、セコ議員と萩宇田小一与党幹部、松野博和官房長官など閣僚3人が辞任する可能性が高いという。

経済政策に精通したある政府関係者は「今、上田首相が政策指導においてより自由な手を持つことになると信じるのは当然だ」と話した。

交渉する人がいません。

しかし、岸田政権が打撃を受けた場合、BOJは経済と世界の金融市場に大きな影響を与える主な政策の変化について交渉し、協力する効果的な相手がいなくなる可能性があります。

岸田側近は、彼の政府が円安で輸入品価格と家計生活費を高める原因となる前任者の急進的な扶養策を段階的に廃止しようとする上田知事の努力を幅広く支持すると述べた。

現在、オックスフォードエコノミックスの日本経済責任者である長井重人元BOJ官僚は「安倍勢力の影響力が減り、拡張的財政政策を支援するための極めて緩い通貨政策に対する要求は消えそうだ」と話した。

政治的混乱がマイナス金利脱退の時点にどのような影響を与える可能性があるかは、やや不確実です。

一部の観察者は、後続の政策麻痺が緩和政策から逸脱しても、市場と経済が不安定にならないようにするために必要なBOJと政府間の交渉が遅れる可能性があると警告しています。

政治アナリストである伊藤敦夫は「今、焦点は岸田政権がどれくらい持続できるか」と述べた。 「岸田は政策の現状を急激に変える何もする力がありません。」

しかし、一部のアナリストによると、BOJは今や低金利から抜け出すことができるより明確な経路を持つことになると述べています。

T&D資産運用のシニア戦略家であり、ファンドマネージャーである南岡宏氏は、安倍勢力の影響力が減少し、BOJが1月にマイナス金利を終了するという自らの賭けが強化されていると述べた。

「BOJが政策を指導するとき、政治家の見解をある程度考慮しました。」

READ  この人里離れた米国の前哨基地での流行の回復は遠い夢です
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours