トップニュース

日本の教授、東京2020医療関係者のキーを提供主張

東京医科大学旅行医学教授浜田アーツオー(Atsuo Hamada)は、今年開催される東京2020オリンピックとパラリンピックの医療資源の確保が重要なと主張した。

COVID-19感染症が原因で、昨年に遅れたイベントを構築しながら、オリンピックの疑いが続きました。

日本の変形や事例の増加により、オリンピックが予定通り開催されることができるかについての憶測が続きました。

浜田は、日本の Mainichi COVID-19患者の治療と開催国の予防接種の努力を危険にさらすことなく、主催者側がイベントのために医療スタッフを確保しなければならないという新聞。

浜田は、「問題は、私たちが、オリンピック開催のために医療資源を割り当てて、これらの優先順位を処理できるかどうかです。」と言いました。 Mainichi

「難しければ、オリンピックをキャンセルするしかない。」

東京2020は、オリンピックのために看護師500人を確保するように求めに応じて、オンラインと医療スタッフの批判に直面してました。

約10,000人の医療陣がオリンピックを支援することが期待されます。

東京2020代表武藤敏郎(Toshiro Muto)は先週、東京、2020リクエストの主な条件は、「地域医療に否定的な影響を与えてはならない」と主張した。

浜田は東京2020以前に選手と役員の予防接種を介して医療スタッフの潜在的な負担を軽減することができると提案した。

教授は、観客なしでオリンピックを開催することもCOVID-19拡散の危険性を減らすことができると提案した。

「最近の研究によると、ほとんどの人口が二回の予防接種を受けたイスラエルでのように、予防接種が感染予防に有効であることが明らかになりました。」 Mainichi

「海外からの選手たちには、可能な限りの予防接種をすることをお勧め。

「これは、突然変異菌株が日本に移る可能性を低減医療分野の負担を軽減することです。

「観客を許可すると、会場や都市で発生する感染集団のリスクが増加します。

「この時点では、7月の感染状況を誰も予測できないので、観客がないという仮定の下での措置をとることはよい。 “

IOCはCOVID-19ワクチンのファイザーとの取引に同意しました。 ©Getty Images
IOCはCOVID-19ワクチンのファイザーとの取引に同意しました。 ©Getty Images

国際オリンピック委員会(IOC)は、今日のファイザーCOVID-19ワクチンの開発者が、オリンピックに出場する選手たちに線量を寄付すると発表しました。

全国オリンピック委員会は、「それぞれの国の予防接種ガイドラインに沿って地元の規定に基づいて、「各政府と配布を調整する任務を引き受けることになります。

中国のオリンピック委員会はまた、IOCが各用量の費用を払いながら、東京、2020、および北京2022チームに予防接種を提案した。

中国のワクチンの使用を承認した地域でのみ使用することができ、IOCとファイザーとの取引の一部としても同様です。

契約は主催者側が「プレイブック “の更新されたバージョンを発表した後に行われ、これは参加者がオリンピックで遵守する必要があり、厳格なルールを説明します。

選手たちと競争と近くにいるすべての選手たちは、毎日の試験を払うことになるだろうオリンピックに参加するすべての選手たちは日本に飛行する前96時間以内に二度のCOVID-19試験を受けなければします。

レストランやバーの訪問は禁止されており、選手たちは選手村の人数を制限するために試合5日前までに到着して2日以内に出発しなければならないと聞きました。

IOCは、ルールに違反した人は、認証を奪われる可能性があり、参加者の予防接種するかどうかにかかわらず、規定が施行されると警告しました。

橋本セイコー東京2020会場はオリンピックとパラリンピックが非公開で開催されることがあることを認めました。

オリンピック観客制限の決定は、6月までに決定されていません。

この決定は、予定された7月23日、オリンピックの開会式を控えて1ヶ月前に下されるでしょう。

READ  ‘ Dr. Ali AlSaqoby ‘ クウェート出身の非常に才能のある有名な歯科医で、不可能なことは何も証明しませんでした

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close