日本の新しい政策青写真は賃金引き上げとデフレ終息を目指しています。

1 min read

日本は金曜日に賃金の上昇と経済成長の可能性の向上に焦点を当てた新しい政策の青写真を承認した。 これは日本が今やデフレを打破し、いわゆる「新しい段階」に向かって進むという希望を込めています。

岸田文夫(Kishida Fumio)内閣が承認したこの計画は、経済、特に民間消費の脆弱な状態を認めながら、政府が輸入コストを増加させる円安の影響を綿密に監視しなければならないと述べた。

岸田文夫日本首相が2024年6月21日、東京で開かれた政府経済政策会議で発言している。 (刑務所通信)

政府は財政健全化の目標に固執したが、今後の政府支出を制限する負債関連コストの増加の見通しにもかかわらず、より野心的な目標を設定することには、もはや進展を遂げていない。

最新の政策文書は、日本銀行が金利を引き上げ、日本の国債の購入を減らすなど、金融政策を正規化するための段階的な動きと一致しています。

文件には「政府は物価上昇率よりも早い所得増加を保障するだろう」とし「来年以降もその勢いを維持するため賃金引き上げを裏付けるすべての政策手段を動員する」と明らかにした。

今年の労使賃金交渉は30年ぶりに最高の成果を収めた。 生必品価格が上がり、家計はまだ実質賃金上昇を体感できていない。 政府は1人当たり4万円(250ドル)の所得税と住民税を減免し、エネルギー料金を減らすなど多様な支援措置を施行しました。

日本の急速な老齢化の問題の1つは、今後数十年間に加速すると予想される人口減少にどのように対処するかということです。 岸田教授は2030年までを現時点を出産率減少傾向を反転させることができる「最後の機会」とみなす。

政府は、人口統計学的困難にもかかわらず、財政を管理し、社会保障サービスを提供し続けるためには、2030年以来経済が1%以上成長しなければならないと述べた。

政府は近年、経済がコロナ19ファンデミックの衝撃を吸収し、生活費の上昇を管理できるよう緊急支援を提供することに重点を置いて支出を抑え、先進国の最悪の日本の財政健全性を回復しなければならないと強調しました。 。

政府は2025年度に財政健全性指標である基礎収支黒字を達成し、経済規模の2倍を超える国家負債を「着実に」減らすという目標を維持した。

多くのアナリストは、日本が2025年会計年度の目標を達成できない可能性が高いと述べ、負債の多い国はもう少し現実的でなければならないと主張しています。 政府は財政健全性回復よりは経済成長確保が優先課題だという立場だ。

日本の長期的な成長のために、政府はデジタル化と自動化を促進し、国家安全保障を確保するためにグリーン技術や半導体などの重要な分野に投資し、より良い賃金のための離職奨励を含むさらなる労働改革を推進します。

政策文書には人工知能とチップ分野の研究開発はもちろん、生産量増大のための投資に対する「多年の大規模」支援が約束された。

日本は「次世代半導体の大量生産を支援するために必要な立法措置を検討する」と明らかにした。

第一生命研究所の星野拓也首席エコノミストは、1%の実質成長は「野心的な」ように見え、日本が人口減少によって生産性を深刻に高めない限り達成することは難しいと述べました。

彼は「日本の成長のためには投資が核心だ。円の弱さにより外国人観光客が急増したが、これは日本が外国人投資を誘致する機会としても働かなければならない。しかし現在としてはこれが実現していない」と話した。

日本はグローバル核心品目サプライチェーンの要衝地でありスタートアップと外国人労働者誘致のための魅力を強化し、2030年までに100兆円規模の海外投資誘致を目指している。 2022年末までの目標は2倍以上だ。

READ  西安地区農村地域社会における地域社会ベースの観光の経済的影響を最大化するために、240万ドル [EN/AR] - 占領されたパレスチナ領土
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours