スポーツ

日本の新しい電池産業グループは、政府支援の増加を求めています

TOKYO(Reuters) – 日本で新たに設立されたBASC(Battery Association for Supply Chain)は、業界のグローバル競争力を強化して脱炭消化を加速するために、政府支援を強化すると水曜日発表した。

今月に結成されたBASCの55個のメンバーはNissan Motor Co Ltd、Sumitomo Metal Mining Co Ltd、Asahi Kasei Corp、Panasonic Corp、Toyotsu Lithium Corp.

BASC会長の阿部勲(Isao Abe)は記者会見で「私たちは日本電池業界のグローバル競争力を高め、産業の脱炭消化を助ける政策勧告を提示するだろう」と述べた。

中国、米国、欧州のライバルたちがはるかに多くの補助金と税制上の優遇を受けるため、政府の支援の増加が必要であると阿部は言った。

グループは、7月末までに産業省に政策勧告を提出する計画である。

これは、リチウム、コバルト、ニッケルおよびバッテリに使用されるその他の天然資源を確保し、部門が投資と製造コストを下げるのに役立つ措置を設けることです。

電気自動車がガソリン車を代替することにより、世界的なバッテリーの需要が増加すると予想されます。

Abeは「私たちはまた、国際標準の審議と新たな規制計画に積極的に参加する」と述べた。 例えば、鉱業、濃縮およびリチウムイオン電池材料への転換を含むリチウム標準化の議論を指摘した。

BASCのメンバーには、バッテリー材料や部品サプライヤー、バッテリーメーカー、貿易会社、自動車メーカーが含まれます。

(記者:Yuka Obayashi、編集:Jason Neely)

READ  フジTV、2021年F1世界選手権も全体の戦いをCS放送で完全生中継[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close