日本の新マルガリ川プライベートトラックコンプレックスの周りの数輪のホットラップ

1 min read

日本の新マルガリ川トラック複合施設は工学芸術作品です。 この工藤の記事はすでに広く掲載されており、イギリスの「トップギア」にも掲載されています。 しかし、これらのすべての報道は、ただ2023年7月に運営を始める前のものでした。 先週、私は開場以来初めてトラックを訪れ、数輪走った記者になりました。

スピードが好きな人にとって、このトラックは特に速いトラックではありません。 22の挑戦的なコーナーと比較的短い800m(0.5マイル)の長さの直線コースがある3.5km(2.2マイル)のコースで最高速度は250km/h(155mph)です。 しかし、この22コーナーは印象的な傾斜度があり、上り坂は20%、下り坂は16%で非常に集中的な走行が可能です。 多くのコーナーの半径も非常に狭いです。

しかし、モータースポーツ愛好家がこのプライベート道路コースに来る理由は速度ではありません。 千葉近くの木々に覆われた山の中に位置するこのコースの眺めは本当に素晴らしいです。 ゆがんだアスファルトの上にそびえるトラックのクラブハウスで、富士山と東京湾の両方を見ることができます。

だから、おそらく250km / hは慎重な速度です。 トラックを回るときに緑豊かな風景に注意が気になりやすいからです。 でも、ゆるんだら問題ありません。 そうは思いませんが。 各コーナーには十分な流出ゾーンがあります。 実際、トラック中央のアスファルトラインは、はるかに広い緑色の流出ゾーンと比較して比較的薄い黒いリボンです。

40歳で最近結婚した秀人安岡がその日のガイドでした。 彼は7歳の時からカートに乗り始め、その後ヨーロッパと日本のフォーミュラ3シリーズで生涯レースをしました。 安岡は現在GTワールドチャレンジアジアシリーズで競争しています。 彼はまたマルガリー川を監督するCornes&Co。 Ltd.の国際営業マネージャーでもあるので、忙しい人です。

現在、マガリガワには12の国籍を代表する300人の会員と100人の準会員がおり、80%は日本出身で、残りは香港、台湾、シンガポール、ドイツ、アメリカ、メキシコ出身です。 正会員加入費は4,000万円(現在の為替レートで25万ドル)から始まり、準会員加入費は450万円(2万8,000ドル)で始まります。 ほとんどのドライバーは自分の車をトラックに持ち込みます。 ほとんどランボルギーニ、フェラーリ、マクラーレン、ポルシェなどのエキゾチックな車両です。 費用を支払うと、クラブは車両を敷地内に保管します。

サポートサービス(男性と女性の温泉、クライミングウォールのあるジム、レストラン、プールバー、プール、シガールーム、サウナ、ヴィラなど)は多くて豪華です。 このような設備は別の記事で紹介される予定であり、これまでに350億円(2億1,800万ドル)を超えたトラックの印象的な建設及び資金調達も紹介される予定です。

それでは運転について話しましょう。 安岡はまず私を100%電気で駆動される黒いポルシェタイカンに燃やしてトラックに慣れるようにしました。 プロドライバーとして、彼は少し躊躇しませんでした(彼はコンプレックスで1:14のコース記録を持っています)。 私はコーナーを回る時と彼の鋭いブレーキと加速中にGフォースが私を振り回すのを感じることができました。 2つの車輪を回って、私たちはピットレーンに戻り、驚くべきことに彼は私に鍵を渡しました。

最初は少し萎縮感を感じました。 私が運転したほとんどは、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイやテキサス・モーター・スピードウェイのような高速、高傾斜のアメリカ式楕円形でストックカとインディカを運転したものです。 もちろん道路コースで運転したことはありますが、私の強みではありませんでした。 そこに私が電気自動車を運転したことがないということを付け加えれば、テスラでもなく、緊張したことを理解できるはずです。

安岡は黄色のポルシェカイエンGT-4に乗って前に立って、私はタイカンに乗って彼のレーシングラインに沿って続くリード/フォロー状況を提案し、私にもっと簡単な方法を伝えました。

ヤソカは最初のラップで優しく出発しました。 私はそれから20メートル(60フィート)ほど離れているのにかなり快適でした。 しかし、その時も劇的に高度が変わる4つの盲目のコーナーが不安でした。 その急な稜線の上にたどり着いて、私が見ることができたのは安岡の車の消えた黄色の上部だけでした。 カリフォルニア州モントレーのWeathertech Raceway Laguna Secaにある有名な「コルクスクリュー」と同じですが、ステロイドを入れたのです。 その区域を通過するたびに、これを悪く、稜線のすぐ上で誰も墜落しなければいいと願うべきです。

スピードを上げると盲目的なコーナーが難しくなりましたが、車やトラックのなじみが大きくなり、ある程度相殺されました。 私は電気自動車がトルクと高速加速力を持っているという噂を聞きましたが、この車は獣のようで、反応性が本当に良かったです。 私が乗った車が何馬力を出すのかはわかりませんが、メーカーの仕様によるとTaycanはモデルに応じて402馬力から938馬力の間です。 かなり大きな数字です。

その日の午後、ただランボルギーニの会社のプライベートイベントがあり、トラック時間が限られていました。 私がコースのコツとリズムを身につけていたとき、フィットロードに戻りました。

評決? Taycanはエアコン、快適さ、ハイテクを備えていますが、私はNASCAR Racing ExperienceからDaytonaから275km / h(170mph)で走る過熱したストックカとは異なり、それでも運転は大変でした。 トラックの盲目的なコーナー、高度の変化、そして安岡に追いつこうとするだけで本当に大変でした。 車から降りる時は疲れましたが、そんなユニークな経験をしてくれて嬉しかったです。

クラブレストランで美味しいランチを食べながらやや感動した安岡は、かつてマルガリガワの短いバックストレートで330km/h(205mph)を記録したことがあると告白しました。 想像できない数字であり、高性能アストンマーティン・ヴァルキリー・ハイパーカーに乗っていました。 その区間で私たちは何をしていましたか? 確かに200km/h(125mph)未満でした。

大丈夫です。

READ  日本下院、自民党の政治資金法案承認
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours