経済

日本の新幹線は、インドの状況に合わせて修正される予定です。 2026年試験開始

日本の高速新幹線列車は、野心的な「弾丸列車プロジェクト」のためにインドに送る前に、温度、ほこり、重量などのインドの条件に合わせて変更されます。 Satish Agnihotri専務理事 – (NHSRCL)は、このプロジェクトは2027年にSurat-Billimora間の48km区間を完了する予定であり、最初の試験は1年前に開催される予定だと述べました。

しかし、彼は土地取得の問題のためにプロジェクトがMaharashtraで中断されたと述べた。 「私たちは現在日本で運行されているE5新香線シリーズ列車を受け取ります。 しかし、我々は、ほこりや温度の観点からインド条件にアップグレードするための研究を行っているとAgnihotriは言った。

E5シリーズは日立と川崎重工業が製作した日本の新幹線高速列車タイプです。

彼らは時速320キロの速度で走ることができ、幅は3.35メートルで、フランスやドイツなどの国でこれらの列車の中で最も広い列車を利用することができます。

消息筋は、日本人が作業しているもう一つの側面は、日本人がより軽いため、列車が「インドの重さ」を積むことができるようにすることだと述べました。

彼らは日本が最初にインドの仕様に従って改造された6台の列車を送り、また日本で組み立てられるノックダウン状態の客車をもたらすと明らかにしました。

関係者は、修正が完了した後に実際の注文が行われると述べた。

鈴木鈴木県インド日本大使は、プロジェクトについて「最新技術を使った発展に感銘を受け、非常に満足しています。 私たちは2等席列車を輸出しません。 私たちはまったく同じもの(E5シリーズ)を共有します。 シリーズが数年間運営されているため、むしろ改善されたものです。 したがって、インドに独自の弾丸列車があるまで、私たちは彼らが最新の技術を得るようにします。

「このシリーズの列車は日本北部を走っており、さまざまな安全対策があります。 耐震技術があります。 これは私たちが共有できる最高のものです。

グジャラートでは、237kmのトラックがすでに授与され、残りの115kmはすぐに授与されます。

READ  長官は、Next-Japan Kovid-19のためのより多くの経済刺激策を評価することができると長官は言いました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close