トップニュース

日本の新首相は沖縄でMCAS Futenmaの移転を中断しない

2019年1月19日沖縄キャンプシュワップにある大浦湾への新しい滑走路敷地で工事が続いています。 (星条旗)

キャンプポスター、沖縄 — 日本の新指導者は今週、海兵隊空軍作戦を沖縄に移転することを推進し、この移動に強く反対する県知事や他の活動家に打撃を与えると誓った。

岸田文夫首相は、土曜日に松野宏和官房長官を沖縄に派遣し、デニ玉木知事と出会い、政府の立場を伝えたと、現在の広報担当者が月曜日の電話で声明に語った。

彼は10月8日日本政府国会にこの会議が沖縄と沖縄国民を参加させると同時に量子協定を推進しようとする戦略の一部だと話した。

「抑止力のために日米同盟を維持し、 [Marine Corps Air Station] 日本公営放送のNHKがオンラインで投稿した動画によると、松野は玉木に船天基地をヘノコに移転することが唯一の解決策だと思います。 彼は沖縄の人々の「理解」を求めた。

岸田の手は10月31日、自民党候補の島尻愛子元沖縄事務局長が名護を代表に選出された参議院選挙で強化された。 Shimajiriの地域には、MCAS Futenmaに代わる新しい海兵飛行場が建設中のCamp Schwab周辺のHenokoが含まれています。

島尻議員が立憲民主党のヤラドモヒロ県議員を破った。

玉木氏は、2019年2月に住民投票で72%の反対投票を記録した国民投票によると、新しい政権が方向を変え、海兵隊の航空作戦を沖縄から完全に移転することを望んだ。 県の115万人の登録有権者の半分が少し超えました。

玉木は松野とのインタビューで「多くの沖縄市民が反対している平野に新しい基地建設が完了するのに12年かかり、船天飛行場に関連するリスクはすぐには除去されないだろう」と話した。 「したがって、工事を直ちに中断する必要があります。」

海兵隊は、MCAS Futenmaに代わるために、第4海兵連隊と第3偵察大隊の本拠地であるシュワップの大浦湾に新たな滑走路を建設しています。

松野はまた、MCAS天天のある宜野湾住民たちと東口竹代名古市長、地域自治会会員とも会ったと月曜日、朝日新聞が報じた。 松野は以前のプロジェクトを推進すると誓った。

平野基地建設対策課の現スポークスマンは、月曜日の星条旗に電話で「岸田首相は元安倍首相(信条)と大きく変わらないと思う」と話した。 日本政府の官僚は、慣例的に匿名を前提にメディアに話します。

広報担当者は「沖縄県は対話が非常に重要だと思う」とし「松野官房長官が宜野湾市市民と対話を交わしたことを歓迎する」と話した。

スポークスマンは、現政権が岸田が沖縄の人々の声に耳を傾けることを望んだと述べた。

64歳の岸田は、9月29日に決選投票で執権自民党の大統領に選出されました。 彼は5日後、菅原秀秀首相に代わって首相に選出されました。

彼の政府電気によると、岸田は日本の防衛上の代行であり、戦後最長期間外務大臣になる前に、連続行政府で沖縄及び北方領土担当長官を務めました。

岸田首相は10月8日、国会で開かれた政策演説で日米同盟を「より大きな高さ」に引き上げ、「インド太平洋地域と世界の平和と繁栄のための土台」と話した。 国会ウェブサイトのスピーチ映像によると。

彼は「日米同盟の抑制力を維持しながら沖縄駐留米軍基地の影響を緩和する一方、徹底した説明と対話を通じて沖縄住民と信頼を構築するよう努力する」と話した。 「海兵隊飛行場富天馬の完全な返還をできるだけ早く実現するために、ヘノコに移転する工事を推進します。」

アーロン・キッド



Twitter


Eメール

READ  日本、アフガニスタンで国民1人撤退、任務継続

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close