トップニュース

日本の日経、アメリカプレゼント低迷で1ヶ月の最低記録

東京、3月4日(ロイター) – 木曜日、日本の日経は、投資家がソフトバンクグループのファーストリテイリングを含むヘビーウェイトを売却し、アジアの貿易期間米国ギフトの低迷を追跡しながら1カ月で最低値を記録しました。

日経平均株価は2月5日以降最低の28,930.11で2.13%下落したのに対し、トピックスは1.04%下落した1,884.74を記録した。

Sumitomo Mitsui DS Asset Managementのシニア市場ストラテジストであるMasahiro Ichikawaは「米国債の利回り移動に不確実性があり、市場の見通しが不透明です。

投資家が慎重な立場を維持してジェローム・パウエル連邦準備銀行議長が長期借入コストの急激な上昇のリスクに対する懸念を解決するかどうかを待っていたため、米国債金利上昇に対する懸念が世界の株式を強打しました。

E-mini S&Pの贈り物は、0.45%下落したのに対し、大流行以来、ラリーの確実なリーダーであるNasdaqの贈り物は、0.74%下落し、2カ月ぶりに最低値を記録しました。

日本では、Uniqloブランドの衣料品店運営企業であるFast Retailingが5.45%下落し、最も多くの指数を集めSoftBank Groupは5.19%下落しTokyo Electronは2.43%下落しました。

ソフトバンクグループの没落は、日本の大企業が後押しする英国のサプライチェーン金融会社であるグリーンルームキャピタルは、ビジネスのかなりの部分を売却することに協議しているというニュースに続いて出てきたことです。

Hitachi Zosenは、エネルギーとインフラ会社が高性能半導体電池を開発したと地元メディアが報道した後、19.48%急騰しました。

Ricohは事務機器メーカーが自社株約1,000億円($ 934.40百万)を購入する計画を発表した後、過剰の入札で取引されていない15.51%上昇した。

Kawasaki Kisenは5.99%、Mitsui OSK Linesは3.55%、Nippon Yusenは2.76%増加するなど、海運会社が前進しました。

($ 1 = 107.0200円)

Junko Fujitaのを見て、Sherry Jacob-Phillipsの編集

READ  都内各地の感染者情報19日| NHK北海道のニュース - nhk.or.jp

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close