日本の星野拓也がカタールで初のユーロピオンツアー優勝を獲得した。

Estimated read time 1 min read
<클래스="링크 " href="https://sports.yahoo.com/soccer/teams/japan/" 데이터-i13n="sec:content-canvas;subsec:anchor_text;elm:context_link" 데이터-ylk="slk:일본;sec:content-canvas;subsec:anchor_text;elm:context_link;itc:0">日本</a>の星野リクヤ(Rikuya Hoshino)がカタールマスターズ(DAVID GRAY)で日本ユーロピオンツアーの4番目の勝者になりました。 -/YXBwaWQ9aGlnaGxhbmRlcjt3PTk2MDtoPTYzOQ–/https://media.zenfs.com/en/afp.co.uk/dfb8203f1b42e9c1298​​8e89c81fb2738″ data-src=a” t5SLdiXTbO74bkA –/YXBwaWQ9aGlnaGxhbmRlcjt3PTk2MDtoPTYzOQ–/https://media.zenfs.com/en/afp.co.uk/dfb8203f1b42e9c1298​​8e89c81fb2738″/></div>
</div>
</div>
<div class=
日本星野リクヤ(DAVID GRAY)がカタールマスターズで日本ユーロピオンツアー4回目の優勝者になった。

日本の星野リクヤ(Rikuya Hoshino)が日曜日、カタールマスターズで強力な仕上がりラウンドを繰り広げ、ユーロピオンツアー初優勝を果たしました。

この27歳の選手は、ドーハゴルフクラブで開かれた4ラウンドで68打を打ち、14アンダーパーで終えた。

フランスのUgo Coussaudが1足遅れで2位を獲得し、Scott Jamiesonがさらに1歩遅れ、3位を占めました。

彼はこの大会で優勝した初の日本人選手となり、青木伊沙、松山秀樹、久塚涼に続き、ヨーロッパ人ツアーで優勝した第4選手となりました。

彼は「こんな素敵な大会で優勝することができて光栄だ」と話した。 「過去2回のオーストラリアトーナメントで2位になったので、ついに優勝することができてとても嬉しいです。」

2回準優勝を占めた星野は「当然緊張したがずっと楽しもうと努力した」と付け加えた。 オーストラリア 2024年、レース・トゥ・ドバイのヨーロッパシーズンが始まります。

彼は2番目のホールでバディを狙う素晴らしいアプローチで日曜日の優勝に向かう道を開いた。

スコットランドのJamiesonは12アンダー波で65打を打ち、クラブハウスの先頭を守り、Hoshinoが16番ホールでバディを打ち、次回ホールで25フィートを記録するまで快適に見守っていました。

クソがバディを打った後、最後の星野は勇気を出して4フィートパットを成功させてプレイオフを避けた。

バ/nr/mw

READ  ガルシア・アリバも日本チルトに達しない
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours