日本の映画制作者が映画の考えを明らかにします。

1 min read

上海国際映画祭に出品された日本の有名映画監督、岩井俊二の新作 <카이리에>は東日本大震災を背景にした社会的葛藤を反映した示唆点を与えるミュージカルだ。

<연꽃나비>、 <릴리슈슈의 모든 것>続いて彼が作った3番目のミュージカル映画だ。

岩井は金曜日の午後、SIFFマスタークラスで「この映画を作って、3つの映画はすべて他の作品よりも広く深い範囲で社会問題を反映しているという事実を悟った」と話した。

「虎蝶」は日本の違法移民問題とそれが社会に及ぼす影響を省察し、「リリーシュシュのすべて」もいじめ問題を暴露した。

彼は、他の映画がもっと日常に近づくことも、日常や個性に近い人間の心を反映するかもしれないと説明した。 しかし、彼はミュージカル映画を作るとき、社会的問題と人々の闘争に焦点を合わせる傾向がある。

「日本には、しばしば楽しく楽観的な歌を作るJ-pop、人気歌手、ミュージシャンがいます」と彼は言いました。

「しかし、彼らのアルバムを見ると、彼らの歌の80%以上が社会的問題、悩み、難しさ、悲しみ、耐え難い苦痛を反映しており、これを作詞して作曲して人々の共感を呼び起こす音楽で作られていることがわかる。されました。」

講演では、彼は人々に音楽が持つ意味と音楽が各人と同行し共感できるという考えを強調しました。

「時々つながりになって、目が赤くなるのがまさに音楽の力」と彼は言った。 「映画にしたいときは、テーマとメロディー、歌詞を混ぜて自然に展開されるストーリーを作ります。

「何人かの人々はこの映画を見ることが非常に楽しい経験だと思うかもしれませんが、実際にはそうではありません。

「今回はカイリと一緒に、より深い問題に皆さんを招待します。音楽を楽しみながら幸せに見えますが、現代的な問題も反映されます。音楽の偉大さをもう一度感じました。」

READ  レンガロデオ七夕星祭り
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours