日本の最上級:水上艦隊のための次世代護衛艦

1 min read


日本の計画された国防予算支出の重要な要素として、現在緊張しています。 自国通貨評価切下げショック2つを追加で製造する予定です。 最上FFM(Future Frigate Multirole)プラットフォームとしても知られる急護衛艦です。

日本は2023年の国防費で500億ドルを割り当て、海軍艦艇と水上戦闘艦の開発に莫大な投資を指示しました。 経済的困難にもかかわらず、日本国防省は2024年に国防予算を17.2%増やすことを提案しました。

の分析によると GlobalDataの最新レポート「セグメント、プログラム、競争環境、予測による海軍艦艇と水上戦闘艦市場規模とトレンド分析、2033年まで」、Japan’s 最上– クラス調達プログラムは、2023年から33年の間、アジア太平洋地域の国別フリゲート部門の総支出の約10%を占めます。

GlobalDataの航空宇宙および防衛アナリスト、Akash Pratim Debbarmaは次のように述べています。 「日本の沖合領土と海洋境界に対する中国の海洋影響力の増加は、日本の戦略的利益に大きな脅威となります。

GlobalDataが提供する市場で最も包括的な会社プロファイルにアクセスしてください。 研究時間を節約しましょう。 競争優位性を確保してください。

会社プロファイル – 無料サンプル

ダウンロードメールがすぐに届く

私たちは会社のプロファイルのユニークな品質について自信を持っています。 しかし、私たちはあなたがあなたのビジネスに最も有益な決定を下すことを願っています。 したがって、以下のフォームを送信してダウンロードできる無料サンプルを提供します。

寄稿者: GlobalData

「ステルス機能を備えたこの2隻の新しいFFM艦艇は、日本海上自衛隊(JMSDF)の重要な資産となり、先進的な戦闘艦だけでなく偵察および監視作戦を遂行する強力なプラットフォームとして機能します。」

日本はすでに艦隊に4隻のFFM船を運営しています。 日本の造船産業が歴史的に独歩的なレベルであることを証明したにもかかわらず、三菱重工業の2つの新しいFFMは、以前のFFMよりも高度な機器とより高いレベルの自動化と統合される可能性が高いです。

デバルマ首相は、日本が千島列島と尖閣列島に対する領有権主張のために「海軍現代化の重要性を認識している」と話した。

「これは最近、日本の経済的混乱にもかかわらず、日本の政策立案者がFFMトラップなどの重要な海軍資産の予定された生産が影響を受けないことを保証しているという事実からさらに明らかになりました。 以前と同様 最上「クラスの護衛艦、最新船の2つの尺度が時間通りに引き渡される可能性が高い」とDebbarmaは提案しました。

日本の最上級護衛艦

それだけ 最上 艦級は、12隻の艦隊を備えたJMSDF水上戦闘部隊の核となり、老朽化し​​た船を置き換えるでしょう。 あさぎり– クラスの駆逐艦と あぶくま– クラス駆逐艦。 このプログラムは、2015年に日本国防総省が新しいレーダーシステムと追加の多機能能力を備えた新しい小型船体駆逐艦の乾燥を分析するために資金を割り当てたことから始まりました。

日本国防省傘下のATLA(Acquisition Technology and Logistics Agency)は、2017年8月にJMSDFのための30DXという新しい水上艦プログラムを開始しました。 ATLAは三菱重工業(MHI)を主契約者として選定し、三井エンジニアリング&シップビル(三井)が船舶乾燥の下請け業者として選ばれました。

日本はもともと計22個を建設する計画でした。 最上-クラスの護衛艦。 船体が約12個に減りました。 当初の計画によると、ATLAは最初の8つの船体を単位あたり500億円(4億5270万ドル)の推定費用で乾燥すると予想しています。

クラスの最初の船、JS 最上2021年3月、MHI長崎造船所で進水しました。 三井は同級第二船のJSを進水させた。 熊野2020年11月玉野造船所で。

2021年3月、日本は最大8台の新型を含む軍事装備を納品するためにインドネシアと軍事協力協定を締結しました。 最上-インドネシア海軍の護衛艦。

第三 最上– クラスの護衛艦、JS 能代MHIは2021年6月に進水しました。 すべての船舶は2022年から2032年の間に就役すると予想されます。



READ  日本最大の湖は汚物缶でした。 今は持続可能な将来のビジョンです。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours