日本の最初の月の着陸船が目標に到達しましたが、逆さまに見えます。

Estimated read time 1 min read

JAXA(日本航空宇宙探査局)の平野大知、国中仁、堺新一郎、大槻松区がSLIMの月着陸任務に対する記者会見後、LEV-2が月で撮影したイメージを示す画面の前で笑顔を浮かべています。 2024年1月25日日本東京。 写真:キム・ギョンフン/ロイター

東京(AP) – 日本の宇宙局は、木曜日の最初の月の探査任務が探査船が逆さまにあるように見えますが、精密着陸システムの成功したデモンストレーションによって目標とした月面の小さな部分に衝突したと明らかにしました。

日本は月探査用スマート着陸船(SLIM)が土曜日早朝月に着陸し、歴史上5番目に月に到達した国家となった。 しかし、探査機の太陽電池の問題により、当初は探査機が目的地に着陸したかどうかを把握することは困難でした。

ほとんどの以前の探査機は幅約10km(6マイル)の着陸ゾーンを使用していましたが、SLIMはわずか100m(330フィート)の目標を目指しました。 精度が向上すると、科学者は月のより多くの部分にアクセスできるようになります。 探査船を障害物に近づけることができるからです。

着陸船の主エンジンの1つが月面上約50メートル(54ヤード)で推力を失い、計画より着陸が難しくなりました。

タッチタウン以前にSLIMが公開した一対の自律探査船は、箱型の車両が逆になったように見えましたが、表面にある画像を送信しました。

日本航空宇宙探査局(JAXA)は、数日間のデータ分析の末、宇宙船が目標物から約55メートル(60ヤード)離れた火山岩で覆われた地域の潮汐クレーター近くの2つのクレーターの間に着陸したと判断しました。

しかし、着陸事故以降、宇宙船の太陽光パネルが間違った方向を向いており、電力を生産できなくなりました。 関係者たちは、今後、月が日中に入ると、探査機が再充電される可能性があるという希望がまだあると述べました。

JAXAプロジェクトマネージャーの堺信一郎氏は、転送された画像は彼が想像してコンピュータレンダリングで見たのと同じであると述べました。

SLIM(月探査用スマート着陸船)は、2024年1月25日に公開されたLEV-2が月で撮影したこの配布物イメージに示されています。 写真提供:日本航空宇宙探査局(JAXA)、高良富、ソニーグループ、東芝大学ロイターを通じて

「私たちがデザインした何かが月まで旅行し、そのスナップショットを撮りました。 ピンポイント着地の場合、坂井はSLIMに「満点」を与えると述べた。

「私たちは私たちが望む場所に着陸できることを示しました」と坂井は言いました。 「私たちは新しい時代の扉を開いた」

アンテナとカメラを備えたホッピングロボットであるLEV-1は、SLIMの着陸を記録し、画像を地球に転送する任務を引き受けました。 LEV-2は、JAXAがソニー、おもちゃメーカーであるTomy Co.、Doshisha Universityとともに開発した野球ボールサイズのカメラ2台を備えたローバーです。

2つの自律プローブは、LEV-1のアンテナを使用して画像を独立して設定し、選択してベースに戻します。

Sora-Qとしても知られているLEV-2を設計したJAXA科学者の大平平野氏は、SLIMと近月の表面を含む画像を選択し、LEV-1を介して画像を転送することで、ペアが世界で初めてミッションを達成したと述べた。 急な時間にもかかわらず、探査機は275枚の画像をキャプチャして送信しました。

日本はアメリカ、ソ連、中国、インドに続いて月面に達した。

このプロジェクトはJAXAの精密技術に対する20年間の努力の欠実でした。

JAXAは着陸が難しい記録を持っています。 2014年に発射されたハヤブサ2宇宙船は、長さ900メートル(3,000フィート)の小惑星リューグ(Ryugu)に2回着陸し、地球に返されたサンプルを収集しました。

「月狙撃手」というニックネームを持つSLIMは、特殊カメラで鉱物を分析するなど、月の起源に対する手がかりを探すための目的で作られた。

SLIMは去る9月三菱ヘビー(Mitsubishi Heavy)H2Aロケットに載せて発射された。 最初は地球軌道を回って12月25日月軌道に入った。

日本は何度も失敗した後、宇宙技術に対する自信を取り戻すことを希望している。 日本の会社が設計した宇宙船が4月に着陸しようとしたときに墜落し、新しい主力ロケットが3月の最初の打ち上げに失敗しました。

左:
JAXA(日本航空宇宙探査局)の平野大知、国中仁、堺新一郎、大槻松区がSLIMの月着陸任務に対する記者会見後、LEV-2が月で撮影したイメージを示す画面の前で笑顔を浮かべています。 2024年1月25日日本東京。 写真:キム・ギョンフン/ロイター

READ  黄色い帯疾患がタイのサンゴ礁を荒廃させる
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours