技術

日本の最新ユニコーンはタイモバイル決済会社です

記事ジョブの読み込み中にプレースホルダ

モバイル決済ゲートウェイプロバイダーのOpn Co.は、先月1億2000万ドルの資金調達ラウンドで約10億ドルと評価され、日本で数少ないユニコーンの1つになりました。

以前Omiseとして知られていた東京を拠点とした同社は、他のアジア諸国であるタイに早く進出したおかげで成功を収めることができました。 現金取引に大きく依存していた2013年に市場に参入したOpnは、中小企業のデジタル転換を支援し、主要ネットワーク事業者に自社技術を採用させることで、モバイル決済のかなりのシェアを確保したと同社は語った。

シリーズC+ファンディングは、ベンチャーキャピタルが急激な産業低迷に備えている時期に、日本のスタートアップとしては珍しい成功を記録しました。 JIC Venture Growth InvestmentsとMars Growth Capital Pteがラウンドに参加し、日本最大銀行Mitsubishi UFJ Financial Group Inc.は、日本通商省が組織したローン保証プログラムの一環として約3,800万ドルを提供することに合意しました。

Opnの共同創設者兼CEOであるJun Hasegawaは、インタビューで「私たちの優先順位は、製品ラインを開発し、既存の市場と新しい市場の両方で立場を拡大することです」と述べた。 「私たちは常にビジネスの成長方法を検討していますが、後で私たちのオプションには、グローバルスコープを拡大するためのグローバルIPOが含まれる可能性があります。」

Opnは、販売者がモバイルまたはデスクトップのウェブサイトで支払いを設定するのに役立つソフトウェアを設計します。 最大の市場はHasegawaの共同創設者Ezra Don Harinsutの故郷であるタイです。 同社の顧客には、タイ最大の通信大企業の1つであるTrueとDTAK(Total Access Communication Public Co.)があります。

スタートアップは資金調達を通じてベトナム、フィリピンなど新しい市場にサービスを拡大する計画だ。 日本とタイに加えて、Openは現在シンガポール、マレーシア、インドネシアで運営されています。 Hasegawaは、長期的に米国とヨーロッパの経済を含む少なくとも36の主要国でOpenサービスを利用できるようにすることを目指しています。

「私たちはすべての主要国に足跡を残したい」とHasegawaは言った。

モバイル決済競争が激しくなっているにもかかわらず、HasegawaはOpnが東南アジア市場で長年の経験と複雑な地元の規制に適応する能力が競争相手よりも優位にあると述べています。

世界的な大流行により、より多くの消費者がデジタル決済を選択し、Opnが年間1億件の取引に達するのを支援するにつれて、収益は2019年以来毎年2倍に増加しました。 当社は、詳細な収益数値を開示していない。

しかし、Hasegawaが常に彼のベンチャーに成功したわけではありません。 2017年に、彼はその年に爆発的な人気を集めた非規制販売プロセスである初期コインの提供を通じて2,500万ドルを稼いだ。 彼の会社は当時の暗号通貨で決済を促進する作業をしており、OmiseGoトークンの価値はある時点で20億ドル以上でした。 2020年12月、市場が崩壊し、会社がOmiseGoを売却し、暴落しました。

Hasegawaは、「私は過去の失敗から多くを学び、常にあなたが必要とする唯一のサービスが何であるかを考えさせました」と言いました。 今、私たちはグローバルな金融インフラの構築に強い欲求を持っており、それがまさに私たちが求めているものです。

このようなより多くの物語は で見ることができます。 ブルームバーグドットコム

READ  訴訟の主張カプコンはバイオハザードの写真を盗んだ悪魔は泣くことができます

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close