日本の月の着陸船は、数週間の月の夜に耐えるために作られていません。 3時過ぎても出続けます。

Estimated read time 1 min read

東京(AP) – 日本初の月着陸船が月に着陸してから3ヶ月後に装置からイメージを受けた後、水曜日に3回目の凍った月の夜に生き残ったと日本宇宙局が明らかにしました。

日本の航空宇宙探査局は、月探査船が火曜日の夜、地球の信号に応答して、月夜が数週間経っても生き残ったことを確認したと明らかにしました。

月の夜には温度が摂氏マイナス170度(華氏マイナス274度)まで落ち、月の昼には摂氏100度(華氏マイナス212度)まで上がることができます。

月投資のためのスマート着陸船(SLIM)という探査船が1月20日月面に到達し、日本は月探査船を首尾よく配置した5番目の国となりました。 1月20日、SLIMは太陽パネルが最初は太陽を見ることができず、間違った方向に着陸して数時間以内に電源を切る必要がありましたが、8日後に太陽が出たときに電源が入りました。

日本の精密着陸技術をテストし、地質データと画像を収集する任務を引き受けたSLIMは、月夜に生き残るようには設計されていません。

JAXAは、ソーシャルメディアプラットフォームXを通じて繰り返される過酷な温度変化サイクルにもかかわらず、SLIMの主な機能は依然として機能していると述べた。 機関は、着陸船の状態を綿密に監視する計画だと明らかにした。

科学者たちは、月の岩と地球の鉱物組成を比較して、月の起源に関する手がかりを見つけることを望んでいます。

SLIMのメッセージは、NASAが地球から最も遠い宇宙探査船のボイジャー1号との接触を復元してから数日後に出てきました。 ボイジャー1号は数ヶ月間歪んだデータを地球に送り返しました。

民間宇宙会社が開発した米国の月探査船は2月着陸後1ヶ月ぶりに作戦終了を宣言し、インドの月着陸船は2023年着陸後通信接続に失敗した。

著作権2024 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は出版、放送、書き換え、再配布することはできません。

READ  日本、悪天候でH3ロケット2次発射延期
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours