日本の月探査船、旧暦第2夜にも生き残る:宇宙局

Estimated read time 1 min read
東京:日本の無人月着陸船が2番目に寒い月の夜を過ぎて生き残った後、活気を取り戻し、新鮮なイメージを地球に送り返したと、日本宇宙局が木曜日に報道しました。

「私たちは以下から答えを受けました。 細い 日本航空宇宙探査局(JAXA)は、月探査用スマート着陸船(SLIM)探査船の公式Xアカウントに掲示した文を通じて、昨夜SLIMが一晩の間に2回目の探査を成功裏に完了したことを確認したと明らかにしました。

「太陽の高い位置と装置内部の残りの暖かさを考慮して、私たちは短い期間ですが、他の活動の中でもナビゲーションカメラを使っておなじみの月の風景のイメージをキャプチャすることができました」と会社は説明しました。 投稿にはクレーターの岩の表面を撮った白黒写真が添付された。

1月のSLIMの着陸は一様な角度で行われ、太陽光パネルが正しく整列していません。 着陸後約3時間が経つにつれて、日本はこの成果を達成した5番目の国となりました。 JAXAは、SLIMの電源を切り、後で再度有効にするためにバッテリー容量を12%維持することにしました。

太陽の位置が変わった後、探査機は1月末にしばらくオンラインに戻り、高性能カメラを使用してクレーターの科学的観測を行いました。

しかし、2週間にわたって気温が摂氏マイナス133度に下がる月の夜は、宇宙船がもともとそのような極端な条件に耐えるように設計されていなかったため、困難を経験しました。 したがって、JAXA科学者たちは、SLIMが最初の月夜以来2月末に首尾よく目覚めたときに喜んでいました。

JAXAは精密着陸技術のため、SLIMを「ムーンスニッパー」と呼びました。 ミッションの目的は、通常、表面の下にアクセスできない内層である月マントルの一部を調査することです。

拡大する

このアップデートは、米国の無人着陸船であり、月に着陸した最初の民間宇宙船であるOdysseusが、先週の土曜日のメーカーが発表したように、太陽電池パネルがラジオに電力を供給するのに十分な日光があるという予想にもかかわらず、再稼動できなかった。はニュースによるものです。

(機関の意見に基づいて)

READ  JWSTは宇宙の膨張率を測定した。 天文学者はパニックになります。 :科学通知
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours