日本の月探査船、月の第2夜にも生き残る:宇宙局

Estimated read time 1 min read

日本の無人月着陸船が2番目に寒い2週間の旧暦夜に耐えた後、目覚め、新しいイメージを地球に転送したと木曜日、日本宇宙局が明らかにした。

日本航空宇宙探査局(JAXA)は、月探査用スマート着陸船(SLIM)探査船の公式Xアカウントに載せた投稿で「昨夜SLIMから回答を受け、SLIMが一晩2回目の探査を成功裏に完了したことを確認した」と明らかにした。

続いて「昨夜も太陽が依然として高く浮かんでおり、装備も依然として熱かったため、短時間の間ナビゲーションカメラで普段の風景を撮影するなどの活動をした」と付け加えた。

クレーターの岩の表面を撮った白黒写真がX(以前のTwitter)の投稿と一緒に掲載されました。

SLIM着陸船は、1月の太陽光パネルが間違った方向を向くような奇妙な角度で着陸しました。

着陸後約3時間後(日本は5番目に月に着陸した国となる)、JAXAは後で再開できるように電力が12%残った状態でSLIMをオフにすることにしました。

太陽の角度が変わり、探査船は1月末の2日間再び生き返り、高性能カメラを利用してクレーターに対する科学的な観測を進めた。

しかし、宇宙船は、気温がマイナス133度に下がる2週間の月の夜の間には設計されていません。

したがって、宇宙局の科学者たちは、月の最初の夜以来、2月末に宇宙船が首尾よく復活したときに祝う理由がありました。

JAXAは精密着陸技術のため、SLIMを「ムーンスニッパー」と呼びました。

この任務の目的は、アクセス可能であると考えられている月マントル(通常は地殻の下の深い内層)の一部を調査することです。

木曜日のニュースは、月に首尾よく着陸した最初の民間宇宙船であるOdysseus(Odysseus)と呼ばれる米国の無人着陸船が目覚めなかった後に出たものだと、メーカーは土曜日に太陽電池パネルが点灯するのに十分な日光を受けると予想された後も目が覚めなかった。言いました。 そのラジオ。

hih-kaf/smw

READ  日本の二家族家
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours