日本の有名な兄妹演技の雪がもっとオリンピック誘導金メダル 2024パリオリンピック

Estimated read time 1 min read

東京オリンピックが終わってから3年ぶりに日本の安倍ひふみと彼の妹うたは2024年パリオリンピックでも再び金メダルを狙う。

日本の兄妹オリンピック誘導チャンピオンのヒフミとアベウタは、今年パリオリンピックでタイトル防衛のためにお互いに励ましていると述べた。

兄妹はファンデミックによって延期された2021年東京オリンピックで1時間で個人金メダルを獲得し、パリでも再び注目される勢力になる可能性が高い。

どちらも4回の世界チャンピオンであり、安倍ヒフミは火曜日、東京で記者たちに、今夏は妹に遅れたくないと言いました。

「私は私たちの両方が一生懸命働いており、同じ目標を共有していることを知っています。それだけで役に立ちます。」

「一生懸命頑張って努力する姿を見ると力が出て、私も頑張らなければならないという気がします。」

ヒプミは、ウタが女子52kg以下の金メダルでフランスのアマンディン・ブチャードを破り、東京オリンピック男子66kg以下のオリンピックでジョージアのバザー・マルグベラシビリを破って優勝を獲得した。

2020 東京オリンピック柔道男子66kg級決勝戦で日本の安倍ヒフミ(白)がジョージアのバザー・マルグベラシビリと競技を繰り広げている。 [File: Jack Guez/AFP]

兄妹は同日、パリで再び試合を繰り広げる予定で、ウタはお互いの試合を見守ると言った。

「2人ともトーナメントを通じて発展すれば、お互いを支えるのに役立つでしょう」と23歳の選手は言いました。

「最も重要なのは、勝ち続けて決勝に進出して優勝することです。」

安倍兄妹は2022年と2023年それぞれの体給で世界タイトルを獲得し、オリンピックの成功を続けました。

ヒプミは初めて故郷を離れ、オリンピックに参加することが彼の最大の挑戦になるだろうと述べた。

彼は「時差があるからよく準備して良い姿を見せなければならない」と話した。

「誘導側ではいつものように準備すれば絶対負けることがないと自信です。」

女性選手はオリンピックメダルを持っています。
2020東京オリンピック女子52kg級金メダルを獲得した阿部うた [File: Mandi Wright/USA TODAY Sports]
READ  日本の小林がフォーヒルズスキージャンプ隊で3回目の優勝を果たしました。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours