エンターテインメント

日本の有名映画人たちが新しいプロジェクトのために韓国に向かう。

カンヌ映画祭で受賞したゴレエダヒロカズをはじめとした著名な日本映画監督たちが韓国が世界映画界で占める割合が高まる中、韓国作品と手を握っている。

2018カンヌ映画祭ゴールデンパーク賞を受賞したゴレエダ監督は、エンターテイメントユニットCJ ENMと共に韓国でドラマ映画「ブローカー」(ガーゼ)を作業中だ。 韓国の財閥CJグループ。 映画は現在後半作業中です。

コレエダ(Kore-eda)が脚本を務めるこの映画は、養子縁組に関するもので、人々が匿名で自分が育てられない新生児を任せるベビーボックスを通じて形成されるキャラクターたちの関係を扱う。

ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナなど韓国俳優らと共に韓国会社が資金を調達して製作した韓国語プロジェクトを日本監督が引き受けるのは初めてだ。

「初恋」(2019)、「神の思い通り」(2014)などホラー、スリラーからコメディまで多様なジャンルの映画で有名な三池隆監督も韓国ドラマを演出する。 CJ ENM傘下の製作会社スタジオドラゴンとの初コラボ「コネクト」。

韓国俳優チョン・ヘインとリュ・ジュンヨルが日本監督の初の韓国作品出演のために制作陣と協議中だという。 新しいミステリースリラーは、長期ハンターによって体の一部を盗んだ男についてです。

また、10月に韓国で公開されたドラマ映画「アジアンエンジェル」は、日本の石井裕也監督が演出を務め、韓国企業の都市ネマが制作を担当したもう一つの韓日プロジェクトだ。

受賞歴のある映画「大航路」(2013)と「東京夜空はいつも最も濃い青」(2018)で日本で浮上する監督の一人である石井は、韓国で独占的に最新映画を撮影しました。 池松源介、チェ・ヒソなど日本と韓国の俳優。 韓国で新しい人生を夢見る日本人男性の話を扱う。

専門家たちは最近、オスカー賞を受賞した「寄生虫」(2019)と移民映画「ミナリ」のユン・ヨジョンが率いる韓国映画の世界的な成功が、日本の著名な映画人が韓国映画の全過程を経験できるように促したと話した。 隣国。

ファン・ヨンミ映画評論家は「韓国映画はクオリティある演出と俳優らで世界映画界で認められた」と話した。 「特に日本監督は映画制作を支援する韓国環境に魅力を感じます。」

先月第26回釜山国際映画祭で日本の浜口龍介はカンヌ映画祭受賞作の「ドライブマイカ」を韓国で撮影する計画だったが、韓国の肯定的な雰囲気を理由に韓国で撮影する計画だったと明らかにした。 コロナウイルス感染症へ。

浜口監督は記者懇談会で「韓国映画が繁栄して影響力が大きくなっていることに注目した」と話した。 「そして、韓国の映画人が働き、映画を作る方法で多くを学ぶことができると思いました」 (連合)

READ  HiHi Jets資生堂動画で「盗撮」の問題が確定、Travis Japanのサバは、「顔が写っていない "!? 【ジャニーズJr. チャンネル週報](2020/12/20 21:00)| 西条ウーマン

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close