スポーツ

日本の木下有希、2月4日、アダムプジットとUFCデビュー戦

Dana Whiteのコンテンダーシリーズ署名者 木下有希 UFCデビュー戦を控えている。

MMA Junkieは、いくつかの情報源を通じて、日本のウェルター級が2023年2月4日にデビューすることを確認しました。 アダムプギット 韓国ソウルで開かれるUFC Fight Nightイベントで。

キノシタ(22歳)は8月、DWCS 52でホセ・エンリケ(Jose Henrique)を終えました。 硬い土地とポンドで3回目のラウンドで。 彼の競技力はWhiteとUFC仲買人に深い印象を与え、DWCS史上日本選手が契約提案を受けた最初の選手となりました。

木下(6-1 MMA、0-0 UFC)は自分のキャリアでたった1回の戦いで敗れ、フェンスを握った後失格となった。 彼のすべての勝利はストライキであり、そのうちの5回は第1ラウンドで、もう一方はエンリケに対して3回目のラウンドから出ました。

関連

DWCS 55の優勝者オーステンレーンは、UFC契約を結んだ後、「正当な感じ」:「長い旅でした」

17歳Raul Rosas Jr.、DWCS 55で優勝、UFC契約のためにMMAの世界を魅了

Fugitt(8-3 MMA、0-1 UFC)、33歳はUFCバナーの下で2回目の試合になる試合で最初の勝利を収めるよう努めます。 UFC 277で昇格しながらデビュー戦を行ったが、3ラウンドでマイケル・モラレスに敗れた。

さらに、現在の2月4日のラインナップには以下が含まれます。

  • マンディボンvs。 キム・ジヨン

  • デビン・クラーク vs. チョンダウン

  • アダムフジットvs。 木下有希

リスト

マッチアップラウンドアップ:先週(10月24~30日)UFCとベラトルの新たな対決発表

ストーリーはもともとMMA Junkieに登場しました。

READ  ルイス・ハミルトン「新型コロナウイルスでF1チャンピオンに "孤独"が増幅 "[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close