トップニュース

日本の村、コロナ19救援資金として、巨大なイカ像建設

上野久子とシャシャンクベンガルが脚本を引き受けた作品

日本の海岸の町は、43フィートの高さの空飛ぶイカ像に連邦COVID-19救援資金として約23万ドルを支出した後、議論を呼びました。

イカが珍味である漁村能登は伝染病が本当にされた後、観光広報のために、3月に像を立てた。 5 1/2トンのピンクの海の生き物は、イカのテーマレストランや観光センターの外に座っています。

村管理人に辻下谷内氏は彫像が「コロナ後の時代に原動力の名所 “となることを希望すると述べた。

しかし、大王イカの公開は、東京から北西に約180マイル離れた町に住んでいる16,000人のうち、いくつかのに疑問を呼び起こしており、彼は緊急救援基金をよりよく利用することができないのだろうかしました。

したTwitterのユーザーは、「ワクチンが提供されていない国でPCR検査が増加せず、医療システムが崩れた」は、巨大イカのインストールを世界がどのように表示するか尋ねました。

シモ八千代は住民がお金を他の所で使わなければならかどうかについての懸念を提起したと認めた。

彼は昨年、日本政府から受けたコロナウイルス駆除金額620万ドルのうち、感染制御対策に約250万ドル、地域事業と雇用促進に130万ドルを書いた、イカ像。 この町は、大流行が始まって以来、30件未満のコロナウイルスの例を記録した。

13mの長さの海の生き物の像は、飛んでいるイカが町のグルメな能登の港にあります。 (出典:Reuters)

日本は伝染病とそれによる経済的影響を解決するために、昨年の自治体に410億ドルの緊急補助金を割り当てました。

シモ八千代は能登が歴史的に、日本でイカ釣りの中心であったが、中国と北朝鮮船との競争に漁獲量が大幅に減少したと述べた。 シモ八千代がマーケティングキャンペーンを開始するには、あまりにも早いと述べたが、観光も下落して、観光客を誘致するために、観光センターを建設しました。

日本は多くの国よりもウイルスをよりよく制御したが、最近、東京や他の地方自治団体の感染事例が急増しました。 この急増は、新しい経済の制限、日本の遅いワクチン発売の批判、日本が7月に開始される東京オリンピックを進めべきかについての質問を引き起こした。

READ  日本初の予防接種について報告された問題なし

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close