技術

日本の村、COVID-19救援基金に巨大なイカ作成

日本の西部の海岸沿いの町は、観光の活性化のために、政府が巨大イカ像を作るために提供されたコロナウイルス救済基金の一部を使用してソーシャルメディアに怒りを呼びました。 国内メディアによると、石川県の能登町は伝染病による地域経済の活性化のための援助プログラムの一環として、中央政府から8億円(730万ドル)の補助金を受けた。

この金額で能登は、高さ4m、長さ9mの像の建設費用の一部を2,500万円に充当した国内メディアが報じた。 総工費は3000万円程度とする。 日本は4回コロナウイルス感染に対抗しており、内閣は12月に大流行による景気後退から経済が回復することができるよう支援するために7,800億ドルの景気刺激策を承認した。

国内メディアによると、イカは能登の地域珍味であり、像を建てることは、村の漁業に対する認識を高め、観光を増やすための「長期戦略」の一環と国内メディアによると、地方政府の関係者は語った。 ロイターは、能登政府に電話をかけたが答えた人は、マスコミとの会話する権限がなかった。 日本の政府庁舎は、毎年ゴールデンウィーク休日のために水曜日にドアを閉めた。

この補助金は、コロナウイルスの患者の治療に関連する支出に特に割り当てられていなかった石川県の感染率は、日本の他の地域に比べて低くなります。 しかし、一部の人々は、その資金が他の用途に使用されるべきかどうかについて質問するためにTwitterを使用しました。

したTwitterのユーザーは、「どのように見ても、これは間違っている。彼らは、そのお金を返す必要があります」と言いました。 ピンク頭足類の建設は2020年10月に開始され、完成された像は、今年3月には最終的に現在の家に移ったと地元メディアが報道しました。 ($ 1 = 109.3700円)

(このストーリーは、Devdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  Best Earphones [2020]-最高のイヤホン高音質 で重低音

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close