トップニュース

日本の東芝、論争にもかかわらず、理事会の承認取得

TOKYO(AP) – 暴行された、日本の原子力と電子企業Toshiba Corp.は、かつて尊敬のブランドでガバナンスの深刻な問題を解決するために、株主との対決しました。 ほぼ3時間にわたる会議の末、東京に本社を置く東芝は11人の代表取締役の株主の承認を獲得しました。 同社は、不満を抱いた株主をなだめるために、最後の瞬間に2つの地名を削除しました。 在任に成功した役員の中には永山治会長が独立した調査を通じて辞任するよう圧力を受けたが、彼は昨年の株主総会で、東芝の関係者が日本政府と共謀して、外国人投資家の影響力を抑制したと発表した。

READ  日本が花を咲かせるとき、オピニオンニュース&トップストーリー

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close