トップニュース

日本の松田・三菱自動車価格引き上げ

東京 – 日本の中型自動車メーカーが原材料価格の上昇を推進し、円安に適応するにつれて、日本ではマツダと三菱自動車の価格が上昇します。

Mazdaは、フラッグシップMazda3コンパクトを含む2つのモデルの価格を約3%引き上げます。 三菱モーターの価格上昇も3%になり、主力SUVであるOutlander PHEVにも適用されます。

日本の自動車メーカーは、通常、内部、外部、エンジン、その他の機能を大幅に変更するモデル変更を導入した場合にのみ価格を引き上げます。

しかし、マツダや三菱自動車などの中規模企業が大型企業よりも堅固ではないため、原材料価格の上昇は収益に大きな影響を与えます。

三菱自動車の関係者は「バッテリー素材価格がこれ以上余裕がないほど上がった」と話した。 「難しい選択です。」

米国では、一部の企業が大胆な措置を講じています。 Teslaは、フラグシップSUVであるModel Yの一部の評価価格を3,000ドル引き上げると発表しました。

しかし日本はデフレマインドが深く根付いており、8大完成車メーカー間の激しい競争で自動車価格の引き上げが難しくなっている。

Mazda3およびCX-30 SUVの小売価格は66,000円(492ドル)引き上げられます。 Mazdaはすでにディーラーに知らせ始めました。 内部と外部に若干の変更がありますが、パワートレインを変更しないモデルの場合、純粋な価格の印象になります。

Mazda3の価格は222万円から始まり、CX-30の場合は239万円から始まり、現在の基準価格よりも3%高い。

三菱モーターは現在532万円から始まる最高級Outlander PHEVプラグインハイブリッドSUVの価格を約150,000円引き上げています。 これは3%未満の価格引き上げを構成します。 会社はまたディーラーに知らせた。

2021年末に発売されたSUVの性能は大きく変わらないと見られる。

秋までは値上げは行われませんが、それ以前に注文をしたお客様は、配送時間により追加費用が発生する場合があります。 一部のディーラーは、今月末までに新しい価格で注文を受け入れ始める予定です。

スバルは具体的な価格引き上げ時期と範囲はまだ決まっていないが、内需市場のための主要モデルの価格引き上げも検討している。

より大きな自動車メーカーは次のものかもしれません。 ホンダ自動車とスズキ自動車も、他の自動車メーカーの動きを分析しながら、ステッカー価格の引き上げを検討すると述べた。

原材料価格の上昇が完成車メーカーの実績を蚕食している。 さらに、日本と米国の金利格差の拡大を反映した歴史的な円安は、原材料と部品の輸入コストを増加させています。

マツダは、貴金属、鉄鋼、その他材料の価格上昇と半導体調達コストの増加により、営業利益が来年3月までに900億円減少すると予想しています。 三菱自動車は、材料価格の上昇により営業利益が792億円減少すると予想しています。

トヨタは2022年度に原材料費用が前年比1兆4500億円増加すると予想した。

日本の主要完成車メーカーは米国など自動車販売が本格化した国家で価格引き上げを通じて原価引き上げを転加している。 しかし、材料価格がますます高まるにつれて、会社は日本の顧客ベースでも少し多くのお金を稼ぐ方法を検討する必要があります。

トヨタは1974年の第一次世界エネルギー危機の中で価格を全面的に引き上げました。 2008年と2011年に、日本最大の自動車会社は、日本でプリウスやその他の主要モデルの価格上昇を理由に材料価格を引き上げました。

輸入車の価格はすでに上がり始めた。 去る4月ドイツのフォルクスワーゲンとフランスのルノーは日本市場モデル価格を平均2~4%引き上げた。

READ  日本の投資家は、リーダーシップの競争でKonoに賭けを上げます。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close