スポーツ

日本の柔道選手、パリグランドスラム最終日の金メダル3個獲得

佐々木武、お前李朝に咲、長澤健太は日曜日に開かれた国際柔道連盟パリグランドスラムで日本が金メダルを首にかけ金メダルを首にかけた。

佐々木は5連敗で男81kg級タイトルを獲得した。 イポン AccorHotelsアリーナで行われた決勝で、ジョージア、世界1位Tato Grigalashviliを破り、勝利を収めました。

Niizoeはまた、女性70kg級冠に上がり、世界1位を破って優勝して、クロアチアのBarbara Maticを破った。

長澤は男90kg決勝で、ロシアの紙ふうせんカール熟者エフを抜いて決定的な失策をした。 waza-ari 死んでいく規制の初めに。

高山リカは女性78kg級決勝で、ロシアのアレクサンドラバビンチェバに敗れ銀メダル、藤原小太郎とオノヨーコが男81kg、女子70kgで銅メダルを取った。

この夏、東京オリンピックで一人も参加していない日本代表チームは、金7、銀2、銅2で第50回IJF大会を終えた。

グランドスラムは新人男監督の鈴木ケージの成功的なデビューの競争だった。 元オリンピックとダブル世界チャンピオンは、今月初めに9年の間の役割を終えて引退した井上鼻セイを交換しました。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  アストンマーティンF1 "ベッテルとストウン対等に扱う"[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close