経済

日本の株式はウォールストリートの下落に落ちた

日本の日経指数は、水曜日の主要米国株価指数の一晩下落を追跡し、下落を終えた。 一部の投資家が落ち込んだ株式を広げながら損失が制限的だったが、だ。

日経平均株価は0.26%下落した26,677.80で締め切り、トピックは0.09%下落した1,876.58でシートを締め切りました。

S&P 500とナスダックは、何十年もの間、高いインフレを抑えようとする積極的な動きが米国経済を低迷する可能性があるという懸念で、一晩中赤字で締め切りました。

大和証券のシュジ・ホソイ選任戦略家は「市場を動かす信号を見たことがなく、投資家は次期FOMC(米国連邦公開市場委員会)会議を控えて慎重に賭けた」と話した。

「景気後退に対する懸念を緩和する兆しは見られない。しかし、国内株式は投資家が安く買えるレベルまで落ちた」。

過去1年間にジェットコースターに乗った日経は、2022年末までに7%以上上昇した29,000選を記録すると予想され、これは1月上旬に最後に見たレベルのロイター世論調査のアナリストによると。

人材代理店のリクルートホールディングスは3.31%下落し、日経に最も大きな落幅を見せ、技術投資家のソフトバンクグループは1.71%下落した。

ゲームメーカーの任天堂は4.25%下落した。

東芝は、国営ファンドの日本投資公社(JIC)が日本大企業の買収を検討していると報道した後、2.41%上昇した。

製薬会社Daiichi Sankyoは3.12%上昇し、Top 30のコアTopix名の1位を占め、レンズメーカーHoyaが2.7%上昇した。

READ  資産1億ウォン以上「金持ち」132万7000世帯コロナ流行に変化資産運用:J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close