技術

日本の株式は急激な損失から反転し、技術株式は上昇を主導

東京、11月25日(ロイター) – 木曜日、日本証券市場は技術株価が上昇傾向を主導し、上昇傾向を見せた。 投資家が以前のセッションで急落を見せてから安値にスカウトしたからだ。

日経株価平均(.N225)は0155 GMTまで0.7%上昇した29,514.38であり、より広い範囲のTopix(.TOPX)は0.37%上昇した2,026.53を記録しました。

相沢証券の三井生男子ファンドマネージャーは「以前のセッションで明らかな理由がない下落幅が予想より大きかったし、今日の上昇はこれに反騰した」と話した。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

「日本でファンデミックが終息に向かっており、サービスに対する需要が増加すると予想される中、国内成長のためのファンダメンタルは比較的強力です。」

米国の感謝祭の連休を控え、米証券市場はナスダック総合指数(.IXIC)が技術上昇に支えられ、上昇傾向に終わった。

日本の仲間たちはナスダックを追従し、ゲームメーカーであるソニーグループ(6758.T)が1.35%、ウエハメーカーであるShin-Etsu Chemical(4063.T)が1.63%、チップ製造機器メーカーである東京エレクトロン(8035.T)この0.63%上昇しました。 %.

石油探検家と精油会社(.IMING.T)、(.IPETE.T)は、原油価格がほぼ安定しており、それぞれ1.41%と1.37%上昇した東京取引所の33部門の下位指数で最高の実績を記録しました。

航空(.IAIRL.T)は4.16%下落し、下位指数の最悪のパフォーマンスを記録しました。 ANAホールディングス(9202.T)は転換社債売却発表以後5.9%下落した。

Mitsui&Co(8031.T)は2.68%上昇し、上位30のコアTopix名の中で最も高い上昇率を記録し、Itochu(8001.T)が1.77%上昇しました。

0.84%下落したリクルートホールディングス(6098.T)は、トップ30のTopix名の中で最もパフォーマンスが悪く、Kao(4452.T)は0.37%下落しました。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

Uttaresh.Vの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  脱獄iPhone用アプリストアで有名なCydiaがAppleを独占禁止法違反で訴え - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close