トップニュース

日本の株式市場は、ウォール街反発後に上昇を見せている。 荷主、10年ぶりに最高値記録

東京、6月22日(ロイター) – 日本の証券市場は、火曜日に急騰し、前のセッションの損失のほとんどを戻しながら、投資家が米連邦準備銀行のタカ派的転換を再評価し、昨夜の米国株式を追跡しました。

日経平均株価は2.9%上昇した28,822.28主225株価すべて上昇した。 指数は、前のセッションで3.3%下落しました。

三井OSKラインスが6ヶ月の純利益予想を3倍以上に増やした1,700億円(15億4千万ドル)を記録した後、荷主が8.5%成長し、荷主が利益を主導した。

Mitsui OSKはTopixで9.4%跳ん10年の最高値を記録し、最高のパフォーマンスを記録した株式のいずれかであった。 ライバル川崎汽船は8.6%上昇し、10年の最高値を記録し、日本有線8.2%上昇した。

幅広いTopixは2.9%上昇して、月曜日の2.4%下落を反転させ、すべての部門が発展しました。

価値株はTopix成長指数の2.7%上昇と比較して3%上昇したTopix価値指数で優れた成果を収めました。

先週月曜日のアジアの株式に注がれた世界の株式売却は、FRBが予期せず利上げを知らせる信号の後に発生しました。

セントルイス連銀のジェームズブラード総裁は、より高速な政策引き締めへの転換が経済成長のための “自然な”反応と言うことで、炎を煽るました。

月曜日、米国株式市場はS&P 500は1.4%上昇し、急激な上昇を記録した。

Sumitomo Mitsui DS Asset Managementのシニア市場ストラテジストであるMasahiro Ichikawaは、「ウォールストリートから反発した後、投資家は、日本の株式を買い入れすることができるという自信を持つようになりました。

「市場は来年に一度のFRBは利上げに価格されたが、今ではそのようです。 3〜4回の印象が、価格が策定される場合ではないと思います。」

自動車メーカーは、他の注目すべき株式のいずれかであり、スズキは6.9%、トヨタ自動車は円安で3%を追加して、輸出業者の利益を増加した。

住宅建設業者も増加しており、Daiwa HouseとSekisui Houseは、それぞれ6.2%、5.9%上昇しました。

「ワクチン発売が日本で行われており、少しずつ経済活動が正常に戻ることです。「住宅建設業者のような株式を持ち上げている市川は言った。

$ 1 = 110.2700円Amy Caren Daniel編集

READ  アップデート1-日本の銀行融資はCOVID-19菌株で大企業が登場したことにより、急激に鈍化されます。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close