経済

日本の株式市場は、反発し、米政策期待と堅調な指標で景気懸念後退 – 内外の高 – Bloomberg

フォトグラファー:Kiyoshi Ota / Bloomberg

一日を開始する前に、押さえておきたい世界のニュースを毎日お届けします。 ブルームバーグニュースレターに登録してください。

25日、東京株式市場は、反発。 米国その他の経済対策の協議再開への期待と堅調な米経済指標を受けて景気見通しの懸念が弱まっている。 自動車、電気、化学など輸出関連その他の情報通信の銀行、小売など売られて内外とも上げた。 企業が実施する9月末配当の権利を引くの動きも追い風となった。

  • TOPIXの終値は前日比7.79ポイント(0.5%)上昇した1634.23
  • 日経平均株価は116円80前(0.5%)上昇した2万3204円62前

<오늘의 포인트>

  • 無ニュシン財務長官、追加景気方法でペロシ下院議長と協議の再開意向
  • 米下院民主党2.4兆ドル規模の新たな経済対策案策定を開始 – 関係者
  • 米共和党議員は、平和政権移譲確約 – トランプ発言に理論
  • 米新築住宅販売、8月には年間100万世帯を突破 –06年以来の高値

東洋証券大塚竜太戦略は、「米国株式は追加経済対策の行方を置いて神経質な動きを見せていたが、日本株にはそのような心配がない方下げ圧力は弱く、よくやっている」と指摘した。 「配当を削除し、配当再投資にまつわる事故が入るという期待も2万3200円台に堅調」と述べた。

米国株式の反発を好感TOPIX日経平均も上昇から始め、しっかりした。 東京証券取引所マザーズ指数は前日比1.4%上昇、ジャスダック指数も0.3%高い反発。 みずほ証券の倉持靖彦市場戦略は、「米国の追加経済対策の額は、トランプ政権と下院議長は、熱があることが近づいイトスム。共和党が壊れているが、話が進む兆しが出てきたのは、大規模な “と言った。

T&Dアセットマネジメント浪岡浩戦略は「あの頭に9月、日本の株式は17年以来、米国の株式について優位性を展開している。過去を見れば、海外投資家が購入する影響も考え配当キャッチ的な要因もあると思うならない」と指摘した。 ただし、「今月末と来月初めには、経済指標が相次いで加えて、米国の経済対策の議論も行われていなかった。そのリスクを取る状況でもない」と述べた。

  • 東京証券取引所33業種では、倉庫・運輸、ガラス・土石、輸送機器、鉱業、小売、電気・ガス、銀行が上昇
  • 航空輸送、精密機械、保険、海上輸送、陸上輸送、所在地
TOPIXの推移
READ  次世代「Amazon Fire TV Stick」が登場。 Amazon Echoシリーズの新製品も

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close