エンターテインメント

日本の株式市場は、急騰した後の下落、パウエルの証言に焦点

東京、7月14日(ロイター) – 水曜日、日本の株式市場は、投資家が、ジェローム・パウエル、FRB議長の議会証言を待っているうち、2営業日連続の上昇を見せた後、下落した。

日経平均株価は0212 GMTまで0.26%下落した28,641.62、より広い範囲のトピックスは、0.05%下落した1,966.75を記録した。 今まで一週間Nikkeiはすでに2.5%、Topixはほぼ2.9%上昇しました。

岩井コスモ証券の有沢正一(Shoichi Arisawa)投資リサーチ部門長は、「投資家は、市場での急激な上昇を見せた後、利益を上げられずにいる。しかし、企業業績レポートで市場の指標を見るまで市場は静かだろう」と語った。

投資家がパウエル議長の証言を待ちながら市場もタイトに動いている。

先月、米国の消費者物価は13年ぶりに最も多く上がったし、いわゆる主要消費者物価は前年比​​4.5%上昇し、1991年11月以来の大幅に上昇した。

水曜日と木曜日にあったパウエルの証言は、物価圧力上昇と今後の通貨のサポートのための彼の論評に焦点が当てられています。

日本では、タイヤメーカーが下落を主導しており、Yokohama Rubberは3.67%、Bridgestoneは3.21%下落しました。 航空会社も2.57%下落しANAホールディングスと日本航空がそれぞれ2.4%、2.71%下落した。

Yaskawa Electricは、ロボットメーカーが年間利益見通しを高めた後、今週3.14%上昇で後退して2.11%下落しました。

映画やエンターテイメント会社が最近の四半期に営業利益がほぼ4倍に増加したと発表した後、Tohoは10.65%急騰しました。

東京証券取引所のメインボードで取引される株式の量は4億2000万株で、過去30日間の平均10億3000万株と比較すると1.3倍に増えた。

Nikkei指数は85人の上昇があった131人の下落はありました(Junko Fujitaのを見て、Uttaresh.Vの編集)

READ  「危険なビーナス」胸糞悪い」最終回 "視聴者の怒り」、今年最悪のドラマ「 - まいじつ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close