技術

日本の株式市場は、最近の上昇後の利益予約に下落

東京、9月16日(ロイター) – 木曜日、日本の株式市場は、新しい政治指導者の希望に導く最近の反発後に、投資家が引き続き現金を確保することにより、2営業日連続の下落終えた。

日経平均株価は、前半に0.36%上昇した後、0.62%下落した30,323.34で取引を終えており、トピックスは0.3%下落した2,090.16を記録しました。

Nikkeiは、市場が開場レベル以上で取引を終えたときに表示される「高燭台」を公開してから12日連続の下落しました。

日本の株式市場は、9月3日菅義偉(菅義偉)首相が辞任計画を発表し、新たなリーダーシップの下、新しい景気刺激策への期待感を高めた後、暴落した。

Pictet Asset Managementの戦略家であるTakatoshi Itoshimaは「国内政治状況が日本株を上昇させたが、日本の株式が最近上昇の勢いで、米国を凌駕し、その勢いが停止している」と言いました。

しかし、投資家は肯定的な感情を強調しながら、最近の下落を買収しているItoshimaが言いました。

荷主は1.61%下落して損失を主導しており、不動産会社は、1.54%下落しました。 ガラス、セラミック、銅メーカーは1.51%下落しました。

技術高比重がNikkeiに最大の障害となっておりTokyo Electronは3.05%、SoftBank Groupは1.39%、Advantestは3.23%下落しました。

5.8%下落したTOTO LtdはNikkeiで最悪の実績を記録しNexonは4.94%、Hitachi Zosenは4.29%下落しました。

一方、エネルギー与える原油価格上昇に伴う米国同業の一晩上昇を追跡しました。 精油業者は2.14%、石油探査会社は1.8%上昇した。

Toho Zincは4.89%上昇し、Nikkeiで最も実績が良かったFujikuraは4.09%上昇しIdemitsu Kosanは3.58%上昇しました。 (Junko Fujitaのを見て、Rashmi AichとDevika Syamnathの編集)

READ  VMware、APACおよび日本のVP兼最高技術責任者でGuru Venkatachalam任命

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close