トップニュース

日本の株式市場は、経済不安、円高で下落

東京、8月16日(ロイター) – 月曜日、日本の株式市場は、伝染性が強いデルタ型コロナウイルス(COVID-19)による経済成長鈍化懸念が投資心理を圧迫しながら下落し、市場の比重が高いトヨタ自動車、ソニーグループは円高で下落した。

日経平均株価は1.62%下落した27,523.19で取引を終えて7月30日以降で最大の下げ幅を記録した。 より広い範囲のトピックスは、1.61%下落した1,924.98で6月21日以来の大幅に下落した。

「日本はワクチン接種などのコロナ19対応においても、米国と欧州に遅れています。 三菱UFJモルガン・スタンレー証券のフジ土紀洋シニア投資ストラテジスト、「これは景気低迷につながることができる」と述べた。

「ミシガン大学の消費者調査の予想よりも悪い結果は、デルタ変形が米国で影響を及ぼしてドルを弱体化させることがわかった。」

先週発表された調査によると、デルタの亜種に起因するCOVID-19感染が加速され、消費者心理が、2011年以来の低水準に下落したことに気づいた。

東京はすでにファンデミクの第四の緊急事態を受けているが、いくつかの専門家は、新しい感染数が記録的な水準を維持しているので、全国に拡大しなければならないと言いました。

一方、データによると、日本経済は第2四半期に予想以上に多くの反発したが、多くのアナリストは、感染急増を抑制するために、緊急事態の抑制措置が再び施行により、今回の四半期にも成長が緩やかと予想しています。

輸出中心のToyota Motorは1.53%、Honda Motorは1.57%下落しました。 ソニーグループは、2.24%下落しました。

Fujifilm Holdingsは、医療機器メーカーが年間営業利益見通しを20.9%上方修正した後、6.78%上昇しました。

Citizen Watchは時計メーカーが、6月に終了した四半期に黒字を出した後、9.82%急騰しました。

東京証券取引所のメインボードで取引される株式の出来高は10億4000万株で、過去30日間の平均10億2000万株に比べて大きく増加した。 (Junko Fujitaのを見て、Uttaresh.VとSubhranshu Sahu編集)

READ  菅氏「無派閥・非世襲」の最初の自民党総裁や石破・岸田氏は、政治家一家 - 時事通信ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close