日本の株式市場は何十年もほとんど成長していません。 今は活況を呈しています。 ビジネスと経済

Estimated read time 1 min read

マレーシア クアラルンプール – 数十年間、国際投資家は日本の株式市場を避けてきました。 日本の株式市場の上昇は、長期の経済低迷を反映したものでした。

最近、日経225指数が34年ぶりに最高値を記録し、日本株が最も熱い市場となっています。

1990年代の大規模資産バブル崩壊以来、日本の「失われた10年」を乗り越えた東京のベンチマーク指数は昨年28.2%上昇し、米国S&P 500を余裕をもって上回りました。

購入ブームが鈍化する即時の兆候はありません。

1月に日経225指数は、外国人投資家が1週間で9,560億円(65億ドル)の日本株を純買収し、さらに8%上昇しました。

一部の市場アナリストは、2024年が日本の株式市場がついに1989年の最高値である38,915.87を超える年になると信じています。

投資グループCLSAの日本戦略家ニコラス・スミスは、世界3位の経済大国である日本の場合、「劇的な回復ストーリー」と話した。

「収益性は低迷したレベルで急速に回復しています。 他の企業は不振だが、利益の成長は強く成長している。 価格に対する収益は比較的低く、成長率は高い。

「気にしないのは何ですか? 企業は現金の山を株主に返し始めました。」

外国人投資家に多くの要因が組み合わされ、日本企業はここ数十年以上にわたってより魅力的に見えるようになりました。

最近、東京証券取引所が主導した企業支配構造改革により、日本企業は自社株買いと高い配当金支給を通じて株主収益増大を追求するようになりました。

1990年代以降、最低水準にとどまっている円安は企業利益を増大させ、すでに国際基準で見ると安価であった日本株の価値をさらに良くしました。

ウォーレン・バフェットは日本の株式市場に多大な投資をしました。 [File: Bloomberg]

日本株の最大の扶養者として知られている億万長者投資家ウォーレン・バフェットは、コロナ19ファンデミック期間中に日本の5大貿易会社の株式を60億ドル買った理由で自身が提案された「とんでもない価格」を言及しました。

岸田文夫首相の「新資本主義」の推進により、東京は貯蓄から投資への転換を奨励し、年間投資限度を高め、免税期間を延長するNISA(日本個人貯蓄口座)プログラムを再開しました。

日本経済がついに数十年間続いたデフレの悪循環から抜け出すことができるという兆候も現れた。 昨年、労働者の賃金引き上げ率は1990年代初頭以来最大の幅に増加しました。

三井住友銀行(SMBC)のグローバル市場および財務部門のエコノミストである安倍涼太は、賃金の上昇が引き続き回復するという期待は、株式市場のラリーの多くのドライバーの中で最大のものだと述べた。

安倍首相はアルザジラとのインタビューで「最近の事件を見ると、日本起業家がインフレ状況と企業の持続的な賃金引き上げの必要性をさらに深刻に考慮し始めたという点で社会が最も多く変化したという事実が分かる」と話した。

日本の株式はまた、他の市場、特に中国の不振のために利益を得ました。

中国経済が昨年の民間産業に対する北京の弾圧からゆっくり進行する不動産危機に至るまで、様々な問題で困難を経験し、外国人投資家たちは中国株式市場から290億ドルを抜いて2023年の内部投資の90%を無くしました。

しかし、アナリストは、日本の株式の上昇がどれくらい持続するかについて意見が異なっている。

富士通研究所の上級研究者であるマーティン・シュルツ氏は、企業の指導者がより高い生産性と株主に高い配当を要求するにつれて、日本の株式市場は引き続き大きな収益を得る可能性があると述べました。

Schulz氏はAl Jazeeraとのインタビューで、「経済成長が鈍化するにつれて上昇の余地が制限されていますが、デジタル化、再生可能エネルギー、アジア経済統合などの長期的な傾向から利益を得ているリーディングカンパニーは、依然として価値評価で同種企業より遅れています。 「と言いました。 「彼らは成長する余地があります。」

他の人はすぐに下落を見るでしょう。

米国連邦準備制度(Fed)が金利を引き下げ始め、今年ドル対円が大きく上昇すると予想され、これは日本株の経済性を弱めるだろう。

ライプツィヒ大学経済政策研究所の村井大樹博士研究院は、低金利環境で米国とヨーロッパの企業情緒が改善され、日本の魅力が消えると述べた。

「結果的に、国際資本の流れはより高い利回りを求めて日本を去る可能性が高い」と村井はAl Jazeeraに語った。

東京
日本経済は1990年代初頭に大規模な資産バブル崩壊以後停滞した。 [File: Kiichiro Sato/AP]

日本証券市場の反騰がどの程度まで広範な経済回復を予告しているのかについても見方が違う。

2023年に有望な兆候が現れた後、最近賃金の引き上げが停滞しました。 人口減少、改革に抵抗する硬直労働市場などの構造的問題により、長期的な成長見通しが暗くなっています。

CLASのSmith氏は最近、経済動向の方向について楽観論を表明した。

彼は「政府、省庁、株主が35年間、韓国で見たことのない方法で協力している」と話した。

ライプツィヒ大学の研究者である村井氏は、株式市場の強力な成果は、日本経済が直面する深刻な課題を取り除くことができないと述べた。

「岸田文夫首相の新しい資本主義は、日本経済の包括的な構造改革を遅らせました。 安倍晋三元首相も自身の経済政策パッケージである「アベノミックス」に構造改革を含めたが、実行されたのは財政と通貨拡大だけだった」と話した。

「しかも、日本の企業部門では、イノベーションに関するポジティブなニュースはほとんどないか、まったくありません」

安倍三井住友銀行のエコノミストは、今春の企業と従業員間の賃金交渉が終わると、経済の見通しがより明確になると述べた。

安倍首相は「経済で賃金と支出の好循環を見るには、今年後半の賃金引き上げだけでなく、実際の支出も見守らなければならない」と話した。

彼は「日本人のデフレ事故方式にさらに変化があることを願う」と付け加えた。 「そうすれば、株価の上昇にもっと自信を持てるでしょう」

READ  日本経済| 国と世界のニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours