トップニュース

日本の核廃棄物埋立地

核廃棄物は、何百、さらに何千年もの間文明の未来を永遠に悩ませる無限の呪いです。

原子力をより安全にするための課題は、発展後には終わりません。 核燃料は、商業用原子炉で廃止された後も、何千年もの間危険な放射性物質のままです。

世界中に440の原子力発電所があり、いずれも核分裂を使用しており、一つの簡単な質問を投げます。 単純な目的のために、数百年以上続く非常に有毒な放射性廃棄物の副産物として核分裂を通して熱を生成するプロセスです。 「沸騰水」は人間の愚かさの典型?

2021年4月、日本政府は福島第1原子力発電所の核廃棄物を海底パイプラインを通じて太平洋に排出することを決定したと発表しました。 少なくとも120万トンの三重水素含有毒性物質が排出されます。

実際、世界の原子力強国は、核廃棄物を海洋に投棄することを禁止する2つの主要国際条約であるロンドン条約(1972)とロンドン議定書(1996)に違反し、定期的に核廃棄物を海に投棄しています。 しかし、彼らは「詳細な環境影響評価」という未明の下でダンピングすることによって規則を迂回する。

最後に知られている「意図的な核廃棄物海洋投機」は、業界で「詳細な環境影響評価」と呼ぶ「良い恵み」を除いて何とか(疑わしくも、神秘的に、冗談なのか!)投機を正当化するようです。 有毒核廃棄物は、1993年10月にロシア海軍が日本と韓国近くのウラジオストク沿岸国際海域に900トンの核廃棄物を不法に投棄した時でした。 モスクワは貯蔵スペースが不足し、「放射性廃棄物は危険ではなく、投機は国際規範に従う」と主張した。 おなじみの音?

1993年、日本はロシアのダンピングを「非常に残念」と表現した。 しかし当時、東京電力は自ら放射能を海に放出していた。 当時、日本発電所は「詳細な環境影響評価」を通じて海洋に核廃棄物を捨てることが許された。

東京市民原子力情報センター(Citizen ‘Nuclear Information Center)で働く物理学者である Jinzaburo Takagi は次のように語りました。 彼は、日本の地方当局が原子力発電所の近くの貝類や海藻類で高レベルの放射性核種を測定したと述べた。 日本がロシアの投機を批判するならば、「彼らは核廃棄物投棄オプションを放棄しなければならないだろう」と高木は言った。

上記の核廃棄物の処分を取り巻く一連の矛盾する出来事は、原子力産業全体の複雑さと偽善を思い出させます。 これは、業界が地球上で最も有毒な物質である放射性廃棄物をどのように処理するのかわからないという恐ろしい事実から来ています。 彼らは実際に有害物質を国際水域に捨てるための奇妙な言い訳とプロトコルを作成します。 さらに、上記の引用記事で述べたように、「日本の地方自治体は、原子力発電所の周りの貝類と海藻類の高レベルの放射性核種を測定しました。」 職場での人間の狂気の代表的な例です。 そしてそれは30年前のことですが、今日でも同じことは安全なことです。

苦い真実は、世界の市民が核力とその奇妙な狂気とその恐ろしい潜在的な破壊力に惹かれているということです。 なぜなら、強大国が核を保有し、維持したいからです。

グリーンピースは初期から福島に「現場に足を踏み入れる」専門家を保有しています。 最近の状況に対するグリーンピースの立場は次のとおりです。

「福島排水を太平洋に放流することに反対するには、多くの技術的、放射線学的理由があります。 そしてグリーンピース東アジアはこれについて報告し、調査を続けています。 しかし、その決定は基本的なレベルでも影響を与えます。 怒りを促すべきです。 世界の海洋が既に気候や生物多様性緊急事態を含む最も深刻な脅威にさらされている21世紀に、明確な代替案があるときに最も費用が少ないオプションであるため、太平洋を放射能で意図的に汚染させる政府の決定はそう見えます。 。 変態。 ロンドン条約とロンドン議定書で核投棄禁止を確保するのに歴史的役割を果たしたことを考えると、日本という事実がさらに悲劇的です。

TEPCO貯蔵タンクから太平洋に有毒な放射性水を捨てることが将来に及ぼす影響についてさらに進んでいます。 その結果、主要汚染物質である三重水素が1,200日で北太平洋全域に広がることが分かった。

Tsinghua Universityの分析は、次のようにリスクについて議論した。

‘大量の放射性核種は海洋生物連鎖に影響を及ぼし、海洋漁業と人間の健康に悪影響を及ぼす可能性がある。 30年から40年間続く福島原発の世界的な影響は不明です。

Tsinghuaによると、汚染物質は東に北アメリカの海岸まで、南にオーストラリアに到達します。 結局、2,400日以内に南太平洋とインド洋が影響を受けます。 約3,600日で、汚染物質はほぼ太平洋全体を覆います。

2021年4月の国連プレスリリースによると:

「3人の独立した国連人権専門家たちは、潜在的に放射能が残っている福島原子力発電所の水を海に放流することにした日本の決定に対して深い残念を表明し、これは太平洋地域の何百万人に影響を及ぼす可能性がある」警告しました。

専門家たちは日本の決定を「とても懸念」と呼ぶ。 また、国連によると:

「日本は三重水素数値が非常に低く、人間の健康に脅威にならないと言ったが、科学者たちは水中で同位元素が有機的に他の分子と結合して植物や魚、人間に影響を及ぼす食物連鎖上に移動すると警告します。 .’

さらに、彼らは三重水素の放射能リスクが過小評価され、100年以上にわたって人間と環境に危険をもたらす可能性があると言います。

DissidentVoice.org、12月7日。 Robert Hunzikerはフリーランスのライターであり、環境ジャーナリストです。

READ  規模6.3の地震 - 日本北太平洋、2021年11月29日月曜日午後9時40分(GMT +9)

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close