日本の次世代チップベンチャーに39億ドルの補助金を支払う

Estimated read time 1 min read

日本は火曜日、次世代半導体ベンチャーのRapidusに対して最大39億ドルの新規補助金を発表しました。

HT画像

台湾をめぐる地政学的懸念に刺激された日本は、予測される人工知能革命を控え、莫大な補助金でチップメーカーを誘致するために米国、ヨーロッパと競争している。

Hindustan Times – ニュース速報を最も速く伝えるソース! 今読んでください。

Rapidusにはソニー、トヨタなどの日本企業が多数参加しており、2027年から日本で2ナノメートルロジックチップを大量生産するという目標で米国の巨大IBMと協力しています。

Taiwan Semiconductor Manufacturing Companyを含む世界最大のチップメーカーは、スマートフォンからAIハードウェアまですべてにインストールされる2nmプロセスチップの本格的な生産に達するために競争しています。

日本経済部関係者の清水秀美氏は記者らに「ラピダースプロジェクトは日本産業全体の競争力に影響を及ぼすことができる非常に重要な先端半導体」と話した。

東京はすでに2030年までに国内生産チップ販売量を15兆円以上に3倍増やすために最大4兆円の国家甘味料を確保すると発表した。

去る9月、北海道地域に工場建設を始めたラピダスはこの日発表した5900億円のほか、すでに3300億円の公的資金を確保した。

東京は東芝、NECなど日本企業がマイクロチップ市場を掌握した1980年代の栄光の時代を蘇らせることを願っている。

韓国と台湾の競争により、日本の世界市場シェアは50%以上から約10%に下落しました。

去る2月、チップ巨大企業であるTSMCは、日本南部の九州島に86億ドル規模の新工場を開設しました。

日本政府は施設費用の40%以上を負担すると約束した。

より多くの日本政府の支援に導かれ、TSMCはより発展したチップを作る第2施設を発表し、第3およびおそらく第4施設を検討していることが分かりました。

国家資金を受け取る他の会社には、日本のキオクシア(Kioxia)とアメリカのミクロン(Micron)があります。

TSMCの新施設は台湾で生産を多様化する企業の推進の一環です。

中国はこの島が自国の領土だと主張し、武力で奪われることも排除していない。

TSMCは米国アリゾナ州に2番目の工場を建設しており、ヨーロッパでは最初のドイツに別の工場を建設する計画です。

しかし、米国政府がこの部門に527億ドルの補助金を提供したにもかかわらず、アリゾナ施設は遅れ、労組との紛争が発生しました。

TSMCの日本新工場は比較的短期間の22ヶ月ぶりに完工し、工場竣工のためにまれに海外出張に行った創業主モリス長(92)から絶賛を受けた。

しかし、人口が世界2位に減っている日本が、果たして十分な労働力を確保できるか懸念される。

tmo-qan-stu/dan

この記事は、テキストを変更せずに自動化された通信事業者フィードから作成されました。

READ  日本も火星で生命体を探している
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours