トップニュース

日本の毎日のコロナウイルス感染の3日間6,000人突破

日本の確認された毎日のコロナウイルス感染は、日曜日の3日連続6,000人を突破し、重症の症状を持つ患者の数は、より多くの感染の亜種の拡散に記録的な1,144人に増加しました。

重症患者の前のレコードは、政府が5月31日まで、東京と大大阪地域を覆う現在の緊急事態を延長して愛知と福岡県に拡大することに決定した金曜日に報告された1,131件であった。

看護師は、2021年2月4日、大阪狩野総合病院のコロナウイルスの患者専用病棟で働いています。 (教徒)==教徒

この国は、現在、4番目の感染の波に直面しており、1月中旬以降、初めて土曜日毎日コロナウイルスの事例が7,000件を突破し、47県のうち15県で記録的な感染件数を記録しました。

東京は前日1,121人を確認した後、日曜日に1,032件の新しい事例を見てましたが、これは第二の緊急事態がまだ存在していた1月22日以来の最高毎日レベルです。

全国各地で記録的な感染事例が再び報告され、福岡の南西部県では529件、北海道北部本島では、506件の伐採が発生しました。

厚生労働省によると、重症患者数は前日より13人増加した。

日本のワクチン発売が他の国よりもはるかに息切れに基づいて、政府は、自衛隊の医師と看護師が配置大規模な予防接種センターを東京と大阪に設置する計画です。

ある関係者は、政府が日曜日に875件のコロナウイルスの感染が報告された大阪府の中心で一日に最大5,000件の注射を迎える計画だと述べた。

指名を拒否した関係者はまた、東京の中心が、5月24日にオープンして以来、一日10,000足を管理することができると述べた。

緊急事態でレストランに酒の販売を中止し、大型ショッピング施設はドアを閉め、大規模なイベントを観客なしで開催するなど、4月末から、より強力な措置が取られました。

金曜日政府はデパートが午後8時まで開店して、主催者が限られた人員でコンサートをすることができるようにするなど、いくつかの制限を緩和することができると明らかにした。 しかし、小池百合子東京支社と吉村博文大阪支社は、引き続き大規模な商業施設を閉鎖するように要求すると述べた。


関連報道:

日本、東京オリンピックが近づくに応じてCOVID-19緊急状態を延長

重症の症状があるCOVID-19の患者、日本で1,084人に最高値を記録し

日本、毎日COVID-19の事例5,793件の記録


READ  東京証券取引所成立、反落下げ幅160円超のワクチン開発の遅れの懸念 - 朝鮮日報

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close