経済

日本の毎日のコロナ19確定者数が3ヶ月ぶりに初めて2,000人を超えました。



2022年1月5日に撮影されたこの写真は、日本南部沖縄那覇の有名な国際ショッピング街にあるCOVID-19 PCR検査施設を示しています。 沖縄はコロナウイルス感染が大幅に増加しました。 (刑務所)

那覇、日本(刑務所) – 水曜日、日本の毎日のコロナ19の確定者が3ヶ月で初めて2,000人を超え、伝染性の高い感染症が広がる中で、日本でコロナ19感染の6番目の波に対する懸念が触発されている。 オミクロンの変種。

集計中、沖縄では623人の新たな感染が発生し、デニ・タマキ知事は中央政府に日曜日から今月末まで南部島県に与えた緊急事態を宣言するよう要請しました。

東京都は水曜日に390人の追加コロナウイルス事例を報告したが、これは前日151人から増加して3ヶ月ぶりに最高水準を記録した。

一方、大阪府の日々累積確定者は244人で、10月6日以降初めて200人を超えた。

玉木は、沖縄の感染状況がすでに完全な緊急事態を確保していることを認めながらも、そのような決定が地域経済に及ぼす可能性のある影響に注意を表明しました。

沖縄県は去る8月28日以降初めて1日600人を突破した沖縄の一日対策について木曜日タスクフォース会議で最終決定を下す。

先月、沖縄の米軍基地の一つで集団事例が発生して以来、感染が増加しています。 沖縄政府は沖縄県でウイルスが再び発生するのは軍事施設で拡散する新種コロナウイルスのオミクロン変種のためと見ています。

沖縄の累積オミクロン確定者は火曜日現在135人である。

松野博和官房長官は、東京で記者会見を行い、「中央政府が要請すれば、沖縄に準緊急措置を取ることを「迅速に検討する」と述べた。

==刑務所

READ  鈴木自動車の7~9月四半期利益は70%減少した157億円

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close