エンターテインメント

日本の水泳選手Ikeeがクリーンスイープを主張するが、オリンピック桁を逃す

白血病の生存者イキ理香子は土曜日、日本オリンピック水泳試験で4勝をキレイに仕上げましたが、東京オリンピック個人戦1位を逃した。

2019年2月に、がんの診断を受け、昨年3月にトレーニングを再開したイキは今週、東京で主張した二度の勝利に加え50mバタフライと50m自由形で優勝した。

彼女はすでに日本のメドレーと4x100mフリースタイルリレーチームで、日本の全国選手権大会の二倍になった裁判の最後の日まで進行されるコロナウイルス遅延東京ゲームで自分の場所を確保しました。

しかし、50m自由形で24.84秒の時間(50mバタフライがオリンピック種目ではないので、今日の唯一の予選)は、オリンピックで個人マリーナを獲得するのに十分でなかった。

「私は、より良い時間を望んだが、最も重要なことは、第四のタイトルを獲得したものであり、非常にうれしい」と2024年にパリオリンピックに集中していると主張していたIkeeは言った。

「試合が終わるまでどのような結果が出ることを確認することができなかったが、プールに出てすぐに優勝することを決意しました。」と彼女は付け加えました。

Ikeeは6つの金メダルと2つの銀メダルを獲得した後、2018年アジア競技大会のMVPに選ばれ、東京ゲームのスターの一人と予想された。

しかし、彼女は白血病の診断を受けて、約10ヶ月の間に入院した昨年8月になっ試合を再開した。

彼女は2月に東京オープンで50mバタフライで優勝してカムバック以来初優勝を獲得した。

そして彼女は100mバタフライで優勝し、日本のメドレーリレーチームで自分の場所を予約することにより、今週のテストで先端を結びました。

彼女は100m自由形で優勝し、4x100mリレーチームで桁を占めたが、疲労を経験して50m種目で脱落することを考えました。

今、彼女は今年の夏のオリンピックが開始されると、「リレーチームに貢献する」ことを決意します。

「私は競争することに決定した後は、きちんとしなければならないということを知りました。」と彼女は言いました。

「オリンピックが始まるまで数ヶ月が残っその前に力を育てることができると思います。」

大学/オホーツク

READ  金曜日は広島76周年です。 終末はこれまで以上にあります。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close