スポーツ

日本の水泳選手Ikeeが白血病以降五輪リレー桁で優勝

日本の水泳選手イキ理香子は白血病の診断を受けてわずか2年後の日曜日、東京オリンピックメドレーリレーに出場した後、「ちょうど何が起こったのか分からなかった」と述べた。

約10ヶ月の間に入院した後、昨年3月にトレーニングを再開したイキは、日本の東京オリンピックの試験では57.77秒で100mバタフライで優勝した。

コロナウイルスが原因で遅延東京オリンピックで彼女の個人的な地位を占めてするには十分ではないが、彼女は日本のリレーチームに参加する資格が生じた20歳の驚くべきカムバックを記録しました。

「本当に幸せだったが、本当に驚きました。」のレースが終わった後、観客に演説し、涙を流すIkeeが言いました。

「ちょうど何が起こったのか知らなかった。前に経験したことのない感じでした。」

イキは昨年8月の景気を再開した後、東京オリンピックに出場する可能性を軽視して代わりに2024年にパリに集中したと主張した。

しかし、彼女は試合が終わった後、「私は優勝できると思っていた」と認めながら予定より前に目標に到達した。

「昨日の最初の予選で水泳をかなり良いと感じた準決勝では、第二のレースで泳ぐことに疲れました。」と彼女は言いました。

「準決勝後半にほぼ動くことができませんでした。今日は一回限りのだったのでそんなに心配していない。 “

Ikeeは57.10秒予選時間を合わせず、オリンピック100mバタフライ大会で一桁を失った。

しかし、彼女は今週、日本予選で、個々の場所を取る別の機会を持つようになり、50mと100m自由形に表示される予定です。

「私は蝶の機会が全くないと考えた」と彼女は言った。 「私は入ると100m自由形リレーになると思いました。

「そうでなければならないと考えた。私は入ると次のオリンピックに参加することが良い経験になると思いました。」

Ikeeは6つの金メダルと2つの銀メダルを獲得した後、2018年アジア競技大会のMVPに選ばれました。

彼女は2月に東京オープンで50mバタフライで優勝し、カムバックを始めて以来、初優勝を獲得した。

0.41を終えたイキ(Ikee)は「100mバタフライで競争することができるときまでには時間がかかるだろうと思ったが、今年の敗北も、来年には負けないようだ」と話した。 鈴鹿長谷川より数秒前に。

日本の予選でWaka KoboriとMiyu Nambaは4:07.10の予選基準を満たした後、オリンピック女子400m自由形大会で行われました。

Koboriは4:06.34の難波より先に4:06.34のレースで優勝しました。

19歳の信条である佐藤ショーしまう男平泳ぎ100mで59.30で優勝したが、予選の記録59.21を達成できなかった。

彼の時間は、彼の日本メドレーリレーチームの桁に上げることができるようした。

Satoは今年初め平泳ぎ200mの記録である2:06.78で史上四番目に速い記録です。

amk / sah / jfx

READ  BillsはRavensを越えて守備に乗ってAFCチャンピオンシップに進出します。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close